転勤

転勤で帰れる人と帰れない人の違いって何?転勤期間はどれくらい

「この転勤はいつまで続くの?」

「会社と転勤期間の約束をしていないから、帰れるか不安」

転勤した人の中には、地元にいつ帰れるのか不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

転勤の期間は会社によって様々です。

早めに帰れる人もいれば、何年も帰れない人もいます。

そこで転勤先から元の部署に帰れる人と、帰れない人の違いは何なのか、いくつかのパターンでご説明します。

転勤で帰れる人と帰れない人の違いって何?

元の職場に帰れる人と、帰れない人にはそれぞれ特徴があります。

自分が当てはまっているかどうか、それぞれの特徴を確認してみてください。

元の職場に帰れる人

元の職場に帰れる人は、比較的に仕事がうまくいっている人です。

またそれ以外でも、転勤の経緯によって戻りやすい人もいます。

単身赴任

仕事での成功とは関係なく、単身赴任をしている人は、元の職場に復帰しやすい傾向があります。

単身赴任の場合、会社が地元に残っている家族に考慮して、家族の元に戻すことを優先してくれることがあります。

また、家族のもとに帰るための手当てを減らす目的で、転勤を解除することもあります。

そのため単身赴任は、元の職場に比較的早く戻れる可能性があるのです。

ただ逆に家族帯同で転勤すると、元の職場に戻るのに時間がかかる可能性が高くなります。

出世

本社から地方への転勤で、元の職場に戻りやすい人は出世する人です。

成功しなくても本社に戻るのが既定路線の人もいますが、成功して出世する人は元の職場に戻りやすい傾向があります。

また、地方から本社への転勤の場合でも、出世して元の職場に戻るケースはあります。

本社で経験を積み、元の職場に管理職として復帰するケースです。

この場合、本社での実績が重要になります。

ただし、評価が上がりすぎると地元へ帰れなくなることもあります。

結果が出せなかった場合

転勤して結果が出せなかった場合も、元の職場に戻されることがあります。

特に多いのが地方から本社への異動の場合です。

悔しい思いもしますが、結果として元の職場に帰ることになります。

元の職場に帰れない人

元も職場に帰れない人はどんな人でしょうか。

それぞれの特徴は以下の通りです。

独身・家族帯同

元の職場になかなか戻してもらえないのは、独身や家族帯同で転勤している人です。

これらの転勤者は、会社が転勤手当を出す必要がなため、会社にとっては扱いやすい存在です。

そのため、永遠に地元へ帰れない可能性もあります。

結果が出ていない人

転勤先で結果が出ていない人は、元の職場に復帰するのに時間がかかる場合があります。

なぜなら、復帰させる理由がないからです。

転勤は従業員を成長させるという側面も持っているため、成長がない従業員の復帰は見送られることもあります。

結果が出ている人

結果が出ていない人とは逆に、結果が出ている人も、元の職場に戻れないケースがあります。

転勤先で結果を出し続け、責任ある立場を任されてしまった人です。

このような人の場合、立場上後任がいない限り、元の職場に戻るのが不可能になります。

また、戻る地域でのポストが空いていないという理由で、帰れないこともよくあります。

会社に嫌われている

元の職場に戻る可能性が極めて低いのは、会社や社長に嫌われている場合です。

もともと片道切符の転勤だったかもしれないので、帰れる可能性はだいぶ低いと言えます。

転勤の平均期間はどれくらい

転勤の平均期間は以下の通りです。

人事異動の頻度が何年ごとであることが多いか割合
1 年未満6.5%
1 年12.9%
2 年5%
3 年25%
4 年5.2%
5 年18.8%
6 ~10年未満14.6%
10年以上5.9%
無回答3.1%

このデータでは、70%以上の人が5年以内に異動になっています。

しかし、この数字は人事異動の割合なので、転勤先から他の転勤先に異動する人も含まれています。

実際はこの数字以上に、様々な理由から元の職場に帰れない人が多くいます。

会社を辞める判断も

何年も元の職場に復帰できないのであれば、もう復帰できる可能性がないのかもしれません。

もしそうであれば、会社を辞めるという選択肢もあります。

転勤していることが人生において良い時間でないと思うなら、自分が納得できる人生を送った方が良いでしょう。

今は転勤先でも、地元の求人を探せるサービスがあるので、転職活動は十分にできます。

いつまでたっても転勤先から戻れないのであれば、会社を辞める判断も必要になるかもしれません。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

doda

最後に

元の職場に帰れる人と帰れない人は、会社やその時々の状況によって異なります。

同じような境遇でも、すぐに帰れる人もいれば、いつまでも帰れない人もいます。

帰れるかどうかは、ある程度「運」のようなものが必要になります。

どうしても転勤が嫌なら、会社を辞めて自分が思うような人生を送ることをおすすめします。

この世に会社は1つではないので、後悔のない選択をしてください。

転勤がある会社はブラック企業なのか? 「転勤したくないのに、転勤しないとクビになる」 転勤について、このような感覚を持っている人は多いのではないでしょうか。 実...