転職

転職して良かったことは何?後悔していることは何?

転職して良かったという人と、後悔しているという人の違いは何でしょうか。

転職に成功するためにも、この違いについては知りたいところですね。

そこでこの記事では、転職して良かったことと、後悔していることについて、それぞれの意見をまとめました。

これから転職を考えている人は参考にしてみてください。

転職して良かったことと、後悔していること

転職は必ず成功するとは限りません。

入社した会社の人間関係が最悪だったり、帰宅時間が遅かったり、色々失敗したと感じることはあります。

逆に、以前勤めていた会社よりも、すべてが良いと思える転職もたくさんあります。

転職して良かったと感じること

  1. 給料がアップした
  2. 社風が合う
  3. 人間関係が良くなった
  4. 仕事が評価された
  5. 希望する職に就けた
  6. キャリアアップできた
  7. 裁量の幅が広がった
  8. 待遇が良くなった
  9. 残業が減った
  10. 休日が増えた

転職して良かったと感じることで、1番多いのが「給料が上がった」です。

給料が上がったことで、転職が成功したと感じる人も多いようです。

そして、その次に多いのが「社風が合う」です。

会社の雰囲気は、仕事のモチベーションにもかかわるので、気分よく仕事ができる環境で満足している人も多いようです。

3番目が「人間関係」です。

人のあらゆる悩みは人間関係に起因しているので、人間関係が良くなったということは、日常の悩みやストレスが減って仕事がしやすくなったということになります。

その他転職して良かったことは、「自分の仕事が評価された」「希望する職に就けた」「キャリアアップができた」などです。

転職して良かったことのほとんどが、前に勤めていた会社で不満に感じていたことが、解消されたというものでした。

転職して後悔していること

  1. 給料が希望と異なる
  2. 経営者や社員と合わない
  3. 社風が合わない
  4. 残業が多い
  5. 仕事内容が希望と異なる
  6. 組織や環境が整っていない
  7. 休日が少ない
  8. 正当に評価してもらえない
  9. キャリアアップできない

転職して後悔していることの1位が、「給料が下がった」です。

これは転職して良かったことの1位と、逆の結果になっています。

転職時に自分の希望を下げてしまった、思ったよりも昇給率が悪かったなどが原因になっているようです。

2番目の後悔が、「人間関係」です。

以前勤めていた会社の人間関係に比べて、新しい会社での人間関係がうまくいっていない人も多いようです。

入社前には、入社先の社員一人一人の人間性はわからないので、どうしてもこのようなことが起こってしまいます。

3つ目の後悔は「社風が合わない」です。

のんびりした雰囲気の会社から、軍隊のような会社に入ってしまって、どうしても自分に合わないとか、意見が通りづらい会社に入ってしまったなどがこれにあたります。

そのほかの後悔では、「経営状態が不安」「残業が多い」「希望と違う仕事内容」などがありました。

ただ転職して後悔していることの中には、入社前に確認できることもあります。

後悔しない転職をするためには

転職した結果、後悔をしていることの多くが、就職活動の段階で防ぐことができたものです。

もちろん転職活動は、ゆっくり時間を使ってやれることが少ないので、妥協しなければいけないところもあります。

しかし、転職活動のやり方次第では、これらのいくつかは解決できます。

そのためには、まず一人で就職活動をしないことです。

一人で集められる情報は限られています。

情報を集めるのであれば、専門家の力はどうしても必要になります。

そこで役に立つのが、転職エージェントです。

転職エージェントなら、事前に給料の条件や、仕事内容などの希望条件を伝えることで、その条件に合った求人を紹介してもらえます。

あとから給料や仕事内容が思っていたのと違うという問題をなくすことができるのです。

さらに、会社の社風や労働時間、経営状態などの情報も保有しているので、入社した時のイメージも湧きます。

転職エージェントを利用すると、一人で活動していたら分からない情報もたくさん入手できるので、不安な気持ちを減らせるメリットもあります。

公式サイトを見る→doda

doda

最後に

転職して良かったという人の意見と、後悔しているという人の意見は、ほとんどが裏返しになっています。

たとえば、給料が上がった人は転職して良かったという結果になり、給料が下がった人は転職を後悔したという結果になっています。

また、社風があっていたという人は転職して良かった人で、社風が合わなかったという人は転職して後悔している人になります。

しかし、これら内のいくつかは、転職活動中に情報として入手できるものです。

そのため、もし転職で後悔したくないなら、できるだけ企業の情報は入手するようにしましょう。

>>>人間関係がリセットされることでの転勤のメリットとデメリット

公務員の転勤が多い理由って何? 国家公務員も地方公務員も、一般企業の社員と同じように転勤があります。 転勤の頻度も一般企業とあまり差がなく、転勤理由も似ています...