転職

良い転職エージェントと悪い転職エージェントの違いって何?どう選べばいいの

転職するにはエージェントを使うのが一番と言われます。

しかし、ネットで転職エージェントの評判を見ると、マイナスな意見も結構あります。

実際、転職エージェントを利用して、うまくいった人もたくさんいますが、うまくいかなかった人も多いのは事実です。

ただ転職エージェントを使ってうまくいった人と、うまくいかなかった人の違いは、良いエージェントに出会えたかどうかだけです。

そこでこの記事では、評判が良い転職エージェントと悪い転職エージェントの違いについてご説明します。

転職エージェントを利用するときの参考にしてください。

良い転職エージェントと悪い転職エージェントの違いって何?

企業が本気で優秀な人材を獲得しようとするとき、ハローワークや転職雑誌ではなく、必要な人材データを多く持っているところに依頼します。

それが転職エージェントです。

転職エージェントは、企業に求職者を紹介してマッチングすると、企業から報酬がもらえる仕組みで成り立っています。

企業に人材を紹介するのが主な活動のため、参入障壁が低く競争が激しい業界と言われています。

そのため最近では、求職者の意志を無視して、ただ企業と求職者をマッチングさせるエージェントも増えてきています。

転職の勧め方の違い

良い転職エージェントと悪い転職エージェントの違いは、転職後の給料でわかります。

良いエージェントは転職後に給料がアップするプランを勧めますが、悪いエージェントは給料がダウンをする転職を勧めてきます。

なぜなら、給料がダウンする転職のほうが、簡単で早くマッチングできるからです。

一方、良いエージェントは、求職者の給料が上がるように企業と交渉して求職者の満足度を上げようとします。

こちらの理由も簡単です。

良いエージェントは、その時のマッチングによる報酬だけを考えてはいません。

継続的に選んでもらえるように、転職エージェントとしての評判を重要と考えているからです。

当然ですが、このような転職エージェントの社歴は、給料ダウンを勧めてくるエージェントに比べて、はるかに長くなっています。

つまり、社歴が長い転職エージェントのほうが、良い転職エージェントの可能性が高いのです。

評判が良いエージェントを選ぶときは、長く運営をしている大手企業を選択することをおすすめします。

エージェントの担当者の違い

求職者に対するサポートの違いはエージェント会社だけでなく、担当者によっても全然違います。

評判が悪いエージェントの担当者は、マッチングを優先に考えています。

「あなたはこの企業に求められている」
「この企業は将来性がある」
などの誘い言葉で、企業とマッチングさせようとするのです。

キャリアアップができるような求人の紹介はほとんんどありません。

しかし、自分の将来は明るくするには、キャリアアップは欠かせません。

良いエージェントは、キャリアアップの話を重要ととらえています。

また対応の良いエージェントは、面接時にマイナスになるところや、弱い部分がどこかを教えてくれたりフォローしてくれます。

評判が悪いエージェントはサポートが少ないので、手厚いサポートをしてくれる担当者以外は早めに見切って、相手にしない方がよいでしょう。

キャリアアップを考えない担当は、すぐに見切るようにしましょう。

>>>転職エージェントが偉そうでムカつく!どう対処すればいいの?

転職先を明確にする

どういうところに転職したいかによって、選ぶ転職エージェントは変わってきます。

エージェントによっても得意分野があるので、そこを間違うと良い転職ができなくなる可能性があります。

企業規模の違い

日本の企業は新卒から育てるというのが一般的なため、中途採用はあまり多くありません。

一方外資系の企業は、欧米の文化そのままで、終身雇用がなくキャリアアップの転職が普通のため中途採用を多くとります。

これが現在の転職をしやすい企業の順番に関わってきています。

  1. 外資系企業
  2. ベンチャー企業
  3. 日系中小企業
  4. 日系大手企業

基本的には転職しやすいのはこの順番ですが、転職エージェントはそれぞれ個別に強い分野があります。

自分がどのマーケットに就職したいかを明確にして、それにあったエージェントを利用することで、エージェントを使って失敗することもなくなります。

しかし、この中のどの分野にも強いのが大手エージェントなので、大手エージェントの登録は必須です。

年齢別マーケットの違い

年齢によってもエージェントの得意不得意があります。

若い世代とミドルクラス・ハイクラスで紹介する企業や職業が違うため、エージェントの中でも住み分けがされています。

例えば、マイナビエージェントは20代から30代くらいが対象で、JACリクルートメントはハイクラスを対象としています。

基本的に若ければ若いほど転職に有利ですが、最近では35歳以上の転職者も増えてきているので、それに伴ってエージェントが持っている求人も増えてきています。

公式サイトを見る→マイナビエージェント

今までの経験を活かして年収アップ!ずらし転職とはどんなもの? 転職しても年収が下がってしまっては意味がありません。 転職するなら、今までの経験を活かして年収アップしたいですよね。 しか...

最後に

良い転職エージェントと悪い転職エージェントの違いは、サービスを継続させる努力をしているかどうかです。

評判が良ければサービスの継続ができるので、長年運営を続けているエージェンは評価が高いところが多くなっています。

また大手のエージェントは得意にしている分野が広いので、いろんな分野の求人を持っているメリットもあります。

零細エージェントが全て悪いエージェントと言うわけではありませんが、できれば大手エージェントに登録することをおすすめします。

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

>>>転退職で気を付ける|転職エージェントで失敗する3つの要因と対処法