転勤

【転勤で孤独に】新天地で友達がいない時はどうすればいい?

ほとんどの人が、転勤したばかりの時は転勤先に友達がいません。

そのため、単身赴任の人は仕事をしている平日よりも楽しいはずの土日が孤独になり、旦那について行った奥さんは平日が孤独になります。

ただ孤独を回避したいと思っても、縁もゆかりもない土地で、友達を作るのは容易ではありません。

そこでこの記事では、転勤先で友達を作る方法と、どうしても友達ができない時はどうすれば良いかについてご紹介します。

転勤先で友達を作る方法

友達は、待っていてもなかなかできるのではありません。

したがって友達を作るには、まずは自分から行動する必要があります。

そこで、新天地で友達を作る行動について、現実的なものをいくつか紹介します。

習い事をする

気合を入れずに友達を作るなら、習い事を始めるのが一番です。

同じ目的で集まった人と、同じ時間を過ごすことで、自然に友達ができるのが習い事の特徴です。

ただし習い事は、決まった時間に定期的に通わなければいので、仕事で時間が不規則な人は難しい可能性もあります。

趣味のコミュニティーに参加する

趣味がある人は、趣味のコミュニティーに参加するのも有効です。

自分が好きなことなので、抵抗なく参加ができ、共通の話題を持った人と繋がることができます。

サークルなどのコミュニティーは、ジモティーなどの掲示板で探すことができます。

また、SNSで趣味について発信をして、同じ趣味の人と繋がるのもいいかもしれません。

行きつけの場所を作る

バーでも居酒屋でも通い続けると知り合いが増えてきます。

とくに個人店の飲み屋は常連が多い傾向があるので、自分が好きな雰囲気のお店を探して、通ってみてはいかがでしょうか。

同じような境遇の人と知り合うチャンスがあるかもしれません。

また、マスターと仲良くなることで、常連さんを紹介してくれることもあります。

仕事の中で見つける

もし仕事が営業なら、お客さんと友達になれるかもしれません。

営業はアイスブレイクなどで、相手の趣味を聞くことがあります。

そこで同じ趣味を持っていることがわかれば、「今度一緒にいかがですか」という話ができるかもしれません。

相手が何かのコミュニティーに参加していれば、そこから友達が増えることもあります。

ただし、休日まで仕事に関わりたくないという人には向いていません。

友達が作れない場合の対処法

友達を作ろうとしても、なかなか作れない場合もあります。

長い間、友達を作れないと、一人でいることに慣れてしまうこともあるでしょう。

もし一人で何かに没頭している時間が楽しくなってしまった人は、あえて友達を作る必要が無いかもしれません。

しかし時間が経っても、一人の時間に孤独を感じているようなら、今の生活を変えていくことも考えましょう。

会社に相談してみる

仕事以外の時間が、孤独で精神的につらいようであれば、会社に相談してみるのも一つの手です。

簡単に地元に戻してくれる会社は少ないかもしれませんが、精神的に限界なのであれば相談する必要はあります。

会社によっては話したことによって、マイナスになることもあるので、自分の立ち位置と会社との関係を考慮しつつ相談してみてください。

転職をする

会社に話しても地元に戻ることができず、精神的に限界がきているのであれば、会社を辞めて地元で再就職するのも一つの手段です。

今は転勤先からでも、地元への転職活動ができるので、期間を開けずに仕事をすることができます。

転職エージェントなどを利用すれば、自分で探さなくてもこちらの希望に合った就職先を探してくれて、面接の日程調整などもしてくれるので、転職活動の時短ができます。

もし孤独を回避するために地元に戻るなら、就職活動はできるだけ楽できるものを使ってください。

エージェントを見る→doda

doda

最後に

転勤すると、ほとんどの人が周りに友達がいない状況です。

人によっては、この状況が耐えられず孤独を感じることもあります。

そんな時は、転勤先のコミュニティーに参加したり、行きつけの居酒屋などを作ったりして、友達を作る行動をしてみてください。

それでも友達ができずに、精神的につらいのであれば、仕事を辞めて地元に戻ることも考えてみましょう。

>>>転勤先からのUターン就職なら転職エージェントがおすすめの理由

転勤でいつまでも帰れない時に地元に戻る3つの方法 転勤して数年経つのに、全然地元に帰れず悩むことはないでしょうか。 数年我慢すれば戻れると思っていたのに、全く戻れる気配が無いので...