転勤

一人暮らし・単身赴任者向け!布団の洗い方について

一人暮らしをしていると困るのが布団の洗濯です。

布団は洗濯をしないで放っておくと、ダニの温床になってしまい、体の不調の原因になります。

しかし一人暮らしだと、布団を洗って干す時間や、干す場所がが無かったりするので、なかなか布団の洗濯ができないものです。

そこでこの記事では、一人暮らしのとき布団をどのように洗えばいいかについて、一人暮らしで布団を洗濯していた経験からご説明します。

布団の洗濯が必要な理由

人は寝ている間にコップ約1杯の汗をかきます。

汗を吸って皮脂で汚れた布団は、ダニや雑菌が発生しやすい環境になってしまいます。

ダニが発生すると、そのダニの死骸がハウスダストになり、アレルギーを引き起こす原因になります。

ただダニは、50度以上の温度を20分間継続すれば死滅します。

そのため、水洗いでダニの餌になる汚れを取り除き、高温乾燥でダニを死滅させれば、布団は清潔に保つことができるのです。

布団はどのように洗濯する?

布団は羽毛布団などを除けば、自宅の洗濯機で洗濯することができます。

しかし、布団の中にいるダニは、水に強く洗濯だけでは取り除けません。

そのため、洗濯の後の乾燥は重要です。

乾燥は天日干しでも良いですが、マンションなどで暮らしていると、外に干せないこともあります。

また、ダニを死滅させるには50度以上の熱が必要なため、天候によってはダニを死滅させることができないこともあります。

そこで、おすすめするのがコインランドリーや布団クリーニングです。

コインランドリーや布団クリーニングなら、乾燥機でダニを除去してから洗濯することが可能です。

大きなコインランドリーは布団の洗濯もできるので、休日に布団を持ち込んでゆっくり洗濯することができます。

単身赴任などで車がなく、コインランドリーに布団持ち込めない人には、宅配型のふとんクリーニングサービスがおすすめです。

コインランドリーで布団を洗う方法

布団を運ぶ手段がある人は、コインランドリーを使用しましょう。

ただし、コインランドリーで布団を洗うにはコツがあるので、十分確認してから実施しましょう。

コインランドリーで洗えない布団

コインランドリーで洗えない布団は、綿が中に入っている和布団です。

和布団は、洗うと綿が固まってしまうので洗濯に不向きです。

また、羊毛布団も洗濯すると縮んでしまうので、洗わないようにしましょう。

コインランドリーで布団を洗濯するコツ

コインランドリーで布団を選択するコツは以下の通りです。

ひもで縛る

敷布団は、洗濯機の中で形が崩れないように2,3カ所紐で縛りましょう。

洗濯機の中でほどけたり、切れたりしない素材の紐を使ってください。

布団サイズの洗濯機を選ぶ

洗濯機のサイズは布団に近いものにしましょう。

あまり大きすぎると洗濯機の中で、大きく動いてしまい形が崩れてしまいます。

同じ種類の布団だけで洗う

違う種類の布団を同時に洗うと、吸水性が高い布団は重くなり、うまく脱水ができず乾燥に違いが出てしまいます。

そのため、同じ種類でまとめて洗濯するようにしましょう。

ふとん宅配クリーニングの利用方法

ふとん宅配サービスは一人暮らしにはとても便利なサービスです。

ずっと洗濯していない布団に寝てると体調を崩す可能性があるので、自分で洗濯が出来なかったり、時間が無い人は宅配クリーニングを利用してみましょう。

ふとん宅配クリーニングの申し込み手順

イオングループのふとん宅配クリーニングサービスの申込手順は以下の通りです。

①WEBで申し込み
WEBでパックを選択して注文すると、2日~6日後に集荷キットが到着します。
同封の利用案内に沿って、WEBで集荷の日程や布団の登録をします。

②準備と集荷
集荷キットに同梱された専用の回収袋に布団を詰めます。
集荷日に配達員が自宅に訪問するので、布団を預けます。

③洗濯後納品
検品・クリーニング・乾燥を行って納品します。
布団の回収後最短で10日で納品になります。

オプションで最長9カ月の保管も可能です。

ふとん宅配クリーニング詳しくは⇒【仕上がり満足保証】布団クリーニングならカジタク

イオングループのカジタク

最後に

一人暮らしをしていると、忙しくて布団を中々洗えないという人もいるはずです。

しかし、布団は清潔にしていないと、アレルギーの原因になることもあります。

そのため、できるだけ布団は清潔に保つようにしましょう。

単身赴任で引っ越すとき近くにあったら便利なお店は? 単身赴任が決まったとき、どんな所に住めばいいか迷うことはありませんか。 隣の音が聞こえないほうが良いとか、トイレとバスが分かれて...