転勤

【薬剤師の異動】全国転勤が本当に嫌なときの対処法は?

仕事をしていれば、突然転勤の辞令が出ることはあります。

どんなに異動したくなくても、転勤の拒否はなかなかできるものではありません。

そのため、嫌々転勤を受け入れている人はかなり多くいるはずです、

このような悩みはサラリーマンだけではありません。

薬剤師も同じです。

薬剤師も転勤の辞令を受けることがあるのです。

そこでこの記事では、薬剤師が行きたくない転勤辞令を受けた時にどうすればいいかの対処法についてご説明します。

転勤したくない薬剤師はどうすればいい?

転勤の拒否は簡単にはできません。

そのため転勤がどうしても嫌なら、転勤がない職場を選ぶしかありません。

しかし薬剤師の場合、人員が飽和状態で転勤がない地元の求人募集がほとんどなかったり、求人募集があっても転勤のない勤務先は競争が激化していてハードルが高くなっているケースがあります。

ハローワークや転職サイトを活用する

転勤が無い職場を探すなら、まずはハローワークや転職サイトから「転勤無し」の条件にあてはまる求人を探しましょう。

競争率は激しいですが、地元密着の薬局などから、望んでいる条件の求人が出ていることがあります。

また、大手のドラッグストアなどでも、「エリア採用」という転勤しないでいい求人が出ている可能性もあります。

エリア採用の場合は、転勤ありの社員より収入は少なくなりますが、転勤したくない人には大きなメリットがあります。

転職エージェントを活用する

薬剤師の仕事は人気が高く、ハローワークや転職サイトで求める条件の求人を探すのは難しい場合があります。

そこで利用したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、非公開求人というハローワークや、転職サイトには載っていない求人を多く保有しています。

そのため希望の求人が見つかる可能性は、ハローワークや転職サイトよりも高くなっています。

また、転職エージェントは履歴書の添削や、面接対策もしてくれるので、一人で就職活動をするよりも採用の確度が上がりやすいというメリットもあります。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師

転職するならどんな条件

薬剤師の仕事も転勤がある職場と、転勤がない職場があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

転勤がある職場

転勤が頻繁にあるのは全国展開をしている大手の薬局・ドラッグストアや、広域に関連病院がある医療法人です。

とくに大手のドラッグストアは、全国規模で出店をしているので、転勤になると転居を伴う可能性が高くなります。

また国公立の病院や、行政の医療機関で働く公務員薬剤師も転勤はあります。

公務員の場合は基本的に転勤は必須なので、採用されたときに覚悟をしておいた方が良いでしょう。

ただし地方自治体での採用の場合は、採用エリア内の転勤になるので転居を伴わない可能性もあります。

転勤のない職場

転勤がない職場は、地域密着の薬局や医療機関です。

もともと転勤が必要な施設が無いので同じ職場、もしくは通える範囲内での異動で済むことがほとんどです。

転勤ができない人はこのような地域密着型の薬局や医療機関に就職するのが望ましいでしょう。

ただし最近は転勤をしたくない人も増えているので、薬剤師が過剰にいる地域では就職の競争が激しくなる傾向があります。

転勤するメリット

どうしても異動が出来ないということでなければ、転勤に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

転勤にも多くのメリットがあります。

給料が高い

転勤がある人は、エリア採用に比べて給料が高く設定されています。

昇格もしやすく、その後の給料も上がりやすいのが特徴です。

ただし、転勤がある大手のドラッグストアが、地域密着の薬局よりも給料が高いということではないので注意してください。

知らない場所で生活できる

日本全国に転勤する可能性がある場合、知らない土地で生活できるメリットがあります。

生まれたところで生涯生活していくのも良いですが、住んだことが無い土地で生活するのは刺激的で良い経験になります。

文化の違いを知りたくさんの経験ができるのは大きなメリットです。

最後に

薬剤師にも転勤はあります。

もし転勤の辞令が出て、どうしても転勤ができないのであれば、転勤が無い職場を探してみてください。

転職エージェントなど、求人を多く持っているところならきっと良い出会いがあるはずです。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

人間関係がリセットされることでの転勤のメリットとデメリット 転勤になると、今まで一緒に働いていた人たちと離れて、新しい仲間と人間関係を作ることになります。 人によってはこの新しい生活で、ス...