転勤

転勤したくない人必見!拒否できる3つの条件と地元に残る方法

「転勤だけはしたくない。」
「家族や友人と離れて暮らすのは嫌だ。」
「本当は断りたいけど、断るとクビになるか不安。」
「会社を辞めても、転職が不安。」

など転勤について悩むことはありませんか?

転勤したくないのに、このような状況になってしまうのは本当につらいものです。

そこでこの記事では、転勤の辞令がでたときに、拒否することができる3つの条件と、地元に残るためにどうすればいいかについて、片道切符の転勤を10年以上続けた経験からご説明します。

地元で仕事を続けたい人はぜひ参考にしてください。

転勤を拒否できる3つの条件

転勤を断ることができる条件は大きく分けて3つあります。

以下の条件に当てはまる人はすぐに会社と交渉してください。

理由が正当あれば拒否することが可能です。

転勤の命令権がない

就業規則に転勤の記載がない場合や、勤務地限定の記載がある場合は正当な理由として、転勤を断ることができます。

そのため、就業規則に疑問があるときは、会社に確認してみてください。

しかしほとんどの場合、会社は就業規則に則った形で転勤の命令を出しているので、この理由で転勤拒否ができる可能性は少ないでしょう。

深刻な家庭の事情がある

親の介護が必要な場合や、家族が重い病気を患っていて家を離れることができない場合は、転勤を拒否できる可能性があります。

転勤してしまうと家族のサポートができなくなる場合は、早めに会社に相談してみてください。

ただし、家を離れることに支障がないと判断された場合は、転勤の回避はできません。

権利の濫用がある

業務上の必要性に比べ転勤による不利益が著しく大きい場合や、不当な動機・目的が認められる場合は権利の濫用とみなされます。

つまり、嫌がらせや報復人事といった行為がこれにあたります。

このような場合は即座に、労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談してください。

転勤がなくなる可能性があります。

また、前述の家族を介護しなければいけない状態での転勤命令も、権利の濫用とみなされることがあります。

転勤しないで地元に残る方法

実際のところ、上記の3つの条件に当てはまるケースはめったにありません。

そのため、ほとんどの場合転勤は断ることができないでしょう。

そこで選択しなければいけないのは、転勤を受け入れるか、転勤せずに会社を辞めるかです。

もし地元に残りたいと考えているのであれば、会社を辞めるしかありません。

なぜなら転勤を受け入れてしまうと、いつ地元に戻れるかはわからないからです。

転勤に関しては自分ではどうすることもできません。

そのため、自分の将来は会社にゆだねるのではなく、自分で決めることをおすすめします。

会社を辞めて転職することへの不安は当然あると思いますが、転勤と転職のどちらを選択しても生活環境が変わるのは一緒です。

片道切符で何年も帰ってこれず、家族や友人と大切な時間を過ごすことができなくなると考えれば、転職したほうが絶対いいはずです。

年功序列や終身雇用が無くなってきている現在では、1つの会社に働き続けるメリットも少なくなっています。

ですので、もし転勤になって地元を離れたくないと思うのであれば、転職するのが一番いい方法だと言えます。

地元で転職するには

転勤してしまってから、地元で転職活動をするのはちょっとだけ難しくなります。

一方、転勤せずに地元にいれば、自由に就職活動はできます。

つまり、転勤してから就職活動をするより、地元に残って活動する方が自由度は高くなるのです。

そのため、転職を考えるのであれば、転勤命令が出た直後に動くことがベストです。

ただし、いくら自由に就職活動ができるといっても、収入を切らすことはできないので、できるだけ早く良い就職先を見つけなければいけません。

ハローワークに通ったり、求人雑誌を読んで探すのは、意外と時間と労力がかるものです。

また、自分だけで進めると慎重になりすぎて、なかなか決まらないこともあります。

そこで、専門のスタッフがアドバイザーとしてサポートしてくれる転職エージェンをおすすめします。

エージェントサービスは自分にあった会社を紹介してくれて、書類対策や面接対策、面接日の調整までしてくれるので、自分で動き回る必要がなく効率的です。

また会社を辞めて不安な時に、相談しながら就職活動できるのは精神的に非常に助かります。

一人で就職活動をするには限界があるので、このようなエージェントサービスを使って転職活動をすることをおすすめします。

公式サイト→マイナビエージェント

最後に

転勤は正当な理由があれば拒否することはできます。

  • 転勤の命令権がない
  • 深刻な家庭の事情がある
  • 権利の濫用

上記の条件にあてはまるようでしたら、すぐに会社と交渉してください。

もしこれに当てはまらない場合は、転勤を受け入れるか、会社を辞めるかを選択してください。

ただし私の経験から、転勤を受け入れても転勤に前向きではない場合は、あとで後悔する可能性があります。

ですので、もし転勤に積極的でないなら、早めに切り替えて良い人生を送ることをおすすめします。

転職に不安なのであれば、エージェントサービスなど人の力を借りて次の仕事を探してみてください。

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

>>>転勤で帰れる人と帰れない人の違いって何?転勤期間はどれくらい

注意!退職前会社に副業がバレたらどうなるの? 政府が働き方改革の一環として副業を推進していることにより、最近では副業を認める企業が増えてきました。 しかし一方で、古い体質の企...