転勤

ミイダスはしつこいって本当?転勤中に登録するメリットは?

自分の市場価値を算出してくれるアプリ「ミイダス」をご存知でしょうか。

ミイダスは、自分の経験やスキルを入力することで、年収ベースで市場価値を計測してくれる非常に便利なアプリです。

さらにこのアプリは、企業から面接のオファーがもらえる仕組みになっていて、転職を考えている人にはとてもメリットがあるものになっています。

このように、これだけ見るとメリットしかないアプリですが、「電話がしつこい」などのマイナスな噂もあります。

そこでこの記事では、「ミイダス」とはどんなアプリで何を注意するべきか、転職を希望している転勤者に使えるかなどをご説明します。

ミイダスとは?

ミイダスは経験・スキル情報から市場価値データを分析し、そのデータをもとに企業から面接オファーがもらえるアプリです。

ミイダスの登録

ミイダスの登録方法は簡単です。

アプリをダウンロードして、「プロフィール」「職務経歴」「実務経験」「語学・資格」に関する質問をいくつか答えていくだけです。

5分程度で「選考条件に一致した企業数」と、「類似ユーザーのオファー年収実績」がわかります。

また、面接確定オファーの件数も出てくるので、企業からのオファー内容を確認することができます。

ミイダスの注意点

ミイダスはしつこいという噂があります。

こんな噂があると、ミイダスに登録する気にはなりませんよね。

しかし、安心してください。

実際、ミイダスをしつこいと思っているのは、登録者ではなく企業です。

企業に対する営業が激しいので、ミイダスはしつこいという噂が立っているようです。

そのため、登録者にとってしつこいということありません。

ただ登録者も注意しなければいけない点がいくつかあります。

メールが多い

電話がしつこいことはありませんが、ミイダスに登録するとかなり多くのオファーメールが届きます。

そのため、本気で仕事を探している人じゃなければ、メールの処理が面倒に感じるでしょう。

とりあえず登録したみたというノリだと、メールの多さに後悔するかもしれません。

しかし、これは簡単に回避できるので安心してください。

設定を変更することで、必要なメール以外は排除することが出来ます。

質の低いオファーが届く

オファーがたくさん届くので、中にはかなり質の低いオファーも混ざっています。

志望業界と全く違う業界のオファーが数多くあったり、想定年収に当てはまらないオファーもかなりあります。

しかし、こちらも検索条件と重要度を絞ることで、自分の好みの条件のみにすることができます。

設定をデフォルトにしていると、大量のメールと質の低いオファーが来るので注意しましょう。

ミイダス公式サイト⇒ミイダス

ミイダス

転勤者へのメリットは?

転勤中で転職を考えている人や、転勤になったため転職したいと考えている人も、ミイダスは役に立ちます。

まず自分の市場価値がどれくらいかわかるので、それに合った転職活動をすることができます。

オファーももらえるので、探さなくても面接までは簡単に行けるメリットもあります。

ただしミイダスの場合、オファーが来ている企業を確認して、自分に向いているところがあれば面接するといった就職活動になるので、スピードは若干遅くなるかもしれません。

自分が求めている条件の企業を探す

もし、自分が求めている企業が見つからないのであれば、転職エージェントを利用する方がいいでしょう。

転職エージェントなら、非公開案件を多く保有しているので、希望する会社を見つけやすいでしょう。

また、エージェントと相談しながら転職活動ができるので、エージェントが今まで担当してきた求職者と比べて、自分がどれくらいの市場価値があるか客観的に判断してもらうこともできます。

自分の市場価値を調べるならミイダス、希望の会社を探すのであれば転職エージェントと使い分けても良いかもしれません。

doda

最後に

ミイダスは簡単な質問に答えていくだけで、自分の市場価値がわかり、面接確定オファーがもらえる役に立つアプリです。

いろいろマイナスな噂もありますが、自分で設定して変更できるものや、そもそも登録者には関係ないものなどがあるため、すべてを信じなくてもいいでしょう。

しかし、ミイダスのオファーは自分が望む条件ではないことが多いので、希望する会社に早く就職したいのであれば、転職エージェントなど違う媒体を使った方がいいかもしれません。

無料でコンピテンシー診断もできるミイダスの3つの機能 転職をする時、自分と同じようなスキルを持っている人が、どんな会社にどのくらいの収入で就職したか気になりませんか。 同じ職種の平均...