転勤

カーリースを転勤族におすすめする3つの理由

転勤すると困ることに一つに車の問題があります。

転勤先によっては、転勤前に乗っていた車を手放さなければいけないことがあり、逆に転勤先の交通事情によっては、車が必要になることもあります。

大切にしていた愛車を売ったり、今まで必要なかった車を買うのは、転勤の大きな悩みになっています。

転勤族になると、このような悩みが常に起こる可能性もあるのです。

そんな車の問題を解決できるのがカーリースです。

カーリースなら、必要な期間だけ車を所有することができるので、転勤族には相性が良いサービスです。

そこでこの記事では、カーリースが転勤族におすすめな3つの理由と、カーリースで注意すべき点について、車の業界で転勤を10年以上してきた観点からご説明します。

カーリースを転勤族におすすめする3つの理由

転勤がある人は、持ち家同様に、車が悩みの種になることがあります。

そんな転勤族の悩みを、カーリースが解決できる3つの理由をご説明します。

数カ月単位で契約ができる

転勤は、ほとんどの場合が永住ではありません。

数年後に元居た地域に帰ったり、他の地域に移動したりします。

とくに転勤族は、短いスパンで居住地を変えることが多いため、車が必要な地域と、車が不要な地域を交互に点々と移動することがあります。

そんな時、いちいち車を買ったり、売ったりしていたのでは生活が成り立たなくなってしまいます。

そこで役に立つのが、数カ月単位で契約ができるカーリースです。

カーリースなら1か月単位の短期契約から、数年単位の契約まで、想定される転勤サイクルに合わせて契約することができます。

>>>カーリース契約中に転勤が決まった時の対象法は?

初期費用が無く毎月の出費が一定になる

カーリースは新車を購入するのとは違い、頭金を用意する必要がありません。

また、毎月定額での支払いなので、月の出費が計算しやすくなるメリットがあります。

さらに、メンテナンス料金も月額料金の中に含まれているので、オイル交換や車検など、月によって変動する費用もありません。

また契約期間が終了したら、返却するだけなので、車の売却など煩わしい手間が省けるのも魅力です。

地域に合った車を選べる

転勤先の地域によっては道幅が狭かったり、駐車場が小さかったり、愛車を持っていけないこともあります。

しかし、カーリースならその地域や、自分の状況に合った車を選んで契約することが出来るので大変便利です。

たとえば、雪が多い地域では4WDの車や、家族と同伴しない単身赴任では軽自動車など、それぞれのシチュエーションにあった車を選ぶことができます。

そのため転勤族には、カーリースの方が自家用車よりも便利と言っても過言ではありません。

カーリースの利用で注意すること

カーリースの注意点は、基本的に契約期間を変更できない点です。

契約期間中に転勤が決まった場合は、カーリースを解約するために違約金を支払う必要があります。

そのため契約するときは、次の転勤の時期をある程度考えて、設定しなければいけません。

ただし、短めに設定しすぎると定額料金自体が上がってしまうので注意が必要です。

また転勤が長くなった場合は、再契約も可能ですが、月額料金が再計算となり、今までよりも料金が高くなってしまうこともあります。

途中で解約できるサービス

通常のカーリースでは、契約期間中に解約することで違約金が発生してしまいます。

しかし、違約金なしで解約できるサービスもあります。

違約金なしで解約できるサービスでは、トヨタのサブスク「KINTO」が有名です。

KINTOには「解約金フリープラン」というものがあり、契約時に月額利用料の5か月分相当を支払うことで、契約期間内でも違約金がゼロで解約ができます。

また、再リースの際も月額利用料の約3か月分を支払うことで、2年間の再契約が可能になります。

さらにこの再契約の場合の月額料金は、初回に比べて約15パーセント安くなるメリットもあります。

そのため、次回転勤までのイメージが湧かないときは、KINTOのようなサブスクサービスの利用をおすすめします。

最後に

転勤になると、車を売るか、車を持っていくかで悩むことがあります。

何度も転勤を繰り返していると、車がいらない地域では、駐車場代を支払うのがもったいないと感じることもあるはずです。

そこで、車が必要な地域に転勤になった時だけ、車に乗れるカーリースなどのサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

設定期間が難しいところもありますが、いつでも解約できるプランもあるので、転勤になったときには検討してみてください。

一人暮らし・単身赴任者向け!布団の洗い方について 一人暮らしをしていると困るのが布団の洗濯です。 布団は洗濯をしないで放っておくと、ダニの温床になってしまい、体の不調の原因になり...