退職方法

失業保険はいつから・いつまで・どれくらいもらえるの?

退職すると失業手当てがもらえるのはなんとなく知っていても、いつ・いくらもらえるかは初めてだとわからないものです。

実際失業保険は、人によってもらえる時期も、もらえるが額も異なります。

安心して就職活動をするためには、自分が受給する失業保険を知っておくと何かと役に立ちます。

そこでこの記事では、失業保険はいつから・いつまで・どれくらいもらえるのかについてご説明します。

失業保険受給に役立ててください。

自己都合退職したら失業保険は約4カ月後から

失業保険はハローワークで手続きしても、すぐに支給されません。

自己都合退職をした人は、離職票を提出し求職の申し込みをした日から、約4カ月近くたってやっと失業保険を受け取ることができます。

以下は自己都合退職したときの、失業保険受け取りまでの流れになります。

  1. 会社から離職票を受け取る(会社に依頼⇒退職後約10日入手)
  2. ハローワークで求職の申し込みをする
  3. 受給資格決定(離職票と必要書類持参)7日間の待期期間
  4. 雇用保険説明会出席
  5. 初回失業認定日出席(仕事をしてないか、求職活動してるか確認)
  6. 失業認定日出席(3カ月の給付設定期間後)
  7. 失業保険受給(失業認定後約1週間)

受給日が遅れないよう注意すること

失業の認定は基本的に4週間に1回行われます。

この失業認定日は、本人がハローワークに行って失業認定報告書を提出し、4週間分の失業の確認を受けなければいけません。(仕事はしていないか、就職活動をしているかなど)

しかし、失業認定日にハローワークに行かないと、求職活動等の報告ができないため、失業保険が支給されなくなってしまいます。

そのため事情がある場合は、前日までに「失業認定日に行けない理由がわかる証明書」を持ってハローワークに行かなければいけません。

このとき失業認定日を変更できるケースは以下の通りです。

  • 就職の面接や採用試験
  • 病気やケガ
  • 身内の急病の看護
  • 結婚
  • 3親等以内の親戚の葬儀

失業保険は何日分・いつまでもらえる?

失業保険はもらえる期間やもらえる最高日数が決まっているので、しっかり確認しておきましょう。

失業保険がもらえる最高日数

受給期間内に失業保険がもらえる最高日数は、被保険者であった期間や離職理由によって異なります。

自己都合で退職した場合は、被保険者であった期間によって、失業保険の受給日数が90日・120日・150日のいずれかになります。

被保険者期間1年以上10年未満被保険者期間10年以上20年未満被保険者期間20年以上
受給日数 90日受給日数 120日受給日数 150日

失業保険がもらえる期間

失業保険がもらえる期間は、基本的には会社を退職した翌日から数えて1年間です。

この期間内に受給最高日数を限度として、失業保険を受給することができます。

そのため、離職してから日にちがかなり経った後に失業手当の申し込みをした場合は、給付日数が残っていても受給期間満了で全額受給できないこともあります。

特に自己都合で退職をした人は、3カ月の給付制限があるので注意しましょう。

ただし、ケガや病気・妊娠・出産・育児・親の介護等のために退職後30日以上就業できない状態にあるときは、受給期間の満了日を先に延ばすことができます。

延長の手続きは、就業できない状態が継続して30日を超えた日から、1カ月以内にハローワークでおこなってください。

最大で3年期間延長することができます。

失業保険はいくらもらえる

失業保険の支給額は、「能力によって負担し、必要に応じて受給する」という原則に立っているので、高額すぎず生活ができないほど低すぎずに調整された金額になっています。

一般的に1日の失業手当は、退職前6か月間の賃金総額を180で割った額の約50%から80%です。

この退職前6カ月の賃金総額は、基本給や諸手当、通勤手当などが含まれており、退職金や臨時の賃金などは含まれていません。

月給30万の人の場合、30万×6カ月÷180日=1万円
1万円×50~80%=5,000円~8,000円
つまり1日あたり5,000円~8,000円支給されます。

最高給付日数が150日の場合
5,000円~8,000円×150日=75万~120万円
失業保険総額は75万~120万円になります。

まとめ

自己都合で退職した場合、退職日から失業保険を受給するまで約4カ月かかります。

その間は、失業認定日には必ず出席し、手当の受給を遅らせないようにしましょう。

受給期間は1年間ありますが、退職した日の翌日からなので実質8カ月程度です。

受給の最高日数が自己都合退職の人は90日~150日なので、申し込みが数カ月遅れてしまうと全額受け取れなくない場合があるので注意してください。

受給額については、過去6カ月に得ていた賃金を180日で割った数字の50%から80%程度となっています。

初めての時はわからないことも多いと思いますが、この記事を参考にしてくれれば幸いです。

>>>自己都合の退職|失業保険の申告・手続きの方法は?

【退職する人必見】転職までの健康保険は3つの中でどれがお得なの? 会社を辞めると、転職活動以外に自分でしなければいけないのが、年金と税金と健康保険の手続きです。 会社に在籍している時は自分でやる...