転勤

単身赴任で引っ越すとき近くにあったら便利なお店は?

単身赴任が決まったとき、どんな所に住めばいいか迷うことはありませんか。

隣の音が聞こえないほうが良いとか、トイレとバスが分かれているほうが良いとか、人それぞれ住むところには譲れない条件があると思います。

ただし単身赴任ともなると、その他にも必要な条件が増えてきます。

とくに気にしておきたいのが、近隣にあるお店です。

近くに絶対に必要なお店や、出来るだけだけあった方がいいお店などは、単身赴任をしてみないとわからないこともあります。

そこでこの記事では、単身赴任をした時に近くにあったほうが良い便利なお店について、転勤生活を10年以上していた観点からご説明します。

単身赴任をしたら近隣に合った方が良いお店

仕事をしていると、会社と家の往復がどうしても多くなります。

そのため、会社と家の間だけで、ある程度生活が完結できるのは一番の理想です。

近くにあったら便利な食べ物関係のお店

まず、家と会社の間にあったら便利なのは、コンビニやスーパーです。

会社帰りに温めるだけで食べれる食品が買えるのは、帰宅が遅くなる時には助かります。

自炊する場合も、帰宅までの順路に買い物ができるお店があると非常に効率的です。

また、家で食事をしない人は、飲食店が会社と家の間にあると便利です。

飲食店が複数あると、毎日あきずにいろいろな食事ができるので、会社と家の間には飲食店が多い方がいいでしょう。

そのほか、弁当屋が近くにあっても良いかもしれません。

食事については、色々なお店が多くあると本当に便利に感じます。

近くにあったら便利な洗濯系のお店

単身赴任で、家の近くにあったら助かるのはクリーニング店です。

自分で洗濯できないスーツや、アイロンをかけないといけない洗濯物を近場でクリーニングできたら非常に楽です。

逆に、クリーニング店が遠くにあると、かなり不便に感じることでしょう。

また、ふとんが洗えるコインランドリーなども近くにあると便利です。

単身赴任だと布団を洗濯する時間も少ないので、コインランドリーで洗濯できれば、きれいな布団で寝ることができます。

>>>一人暮らし・単身赴任者向け!布団の洗い方について

その他近くにあったら便利なお店

出来れば近くに合った方が良いのは、ホームセンターやドラッグストアなどなんでも欲しいものがそろうお店です。

とくに引っ越したばかりの時は、必要なものがたくさんあるため、このようなお店が近くにあると非常に助かります。

病院も近くにあったら便利です。

普段は近くに無くても問題を感じませんが、具合が悪くあまり動けない時などは、近くにあるとありがたみを実感します。

また、めったに使わないかもしれませんが、近くにあったら便利なのは靴やバッグの修理屋です。

減ってしまった靴底の修理は、近くにお店がなかったらなかなかやりません。

しかし、近くにこのようなお店があれば、修理をしていつでもきれいな状態の靴が履くことができます。

あったら便利な住居の設備

住居にもあったら便利な設備があります。

絶対に必要ではないかもしれませんが、ないと不便と感じるものも多くあります。

宅配・来客時に便利なもの

あったら非常に便利なのは宅配ボックスです。

宅配ボックスがあれば、自分がいなくても宅配物を持ち帰らず置いて行ってもらえるので、後から再配達をしてもらう必要がありません。

ネットショッピングが多い人には必須と言っても良いでしょう。

また、オートロックは安全面で便利です。

勧誘などの訪問もドアの前まで来ることなく断ることができるので、安心して暮らすことができます。

部屋の中にあると便利なもの

部屋にあると便利なのは乾燥機です。

洗濯乾燥機があれば、干す手間もなくなるので非常に便利です。

とくに大きな通りに面しているマンションは、洗濯物が飛んだだけで事故につながる危険があるため、外に出さず部屋の中で洗濯物を乾かせる乾燥機は役に立ちます。

ネットで探してみる

ネットなどで転勤先の地域を調査したら、住みたい場所にどんなお店があるかも一緒に調べてみましょう。

状況がよくわからない場合は、地域の不動産屋に電話をかけてみたり、チャット型の不動産屋で聞いてもいいかもしれません。

転勤前に住宅探しができる時間は非常に少ないので、ネットや電話を駆使して出来るだけその地域の情報を調べるようにしましょう。

最後に

単身赴任になったら、できるだけ楽できる住居で暮らしたいものです。

そのためには、近くに役に立つお店があるとベストです。

とくに、食で苦労しない場所をおすすめします。

コンビニやスーパー、飲食店などが近くにある住宅が良いでしょう。

また、宅配ボックスは大変便利なので、これがある住居もおすすめします。