仕事・副業

会社から脱出する方法3選!すぐ辞めたい人はどうすればいい?

会社が嫌になって、出来るだけ早く会社を脱出したいと考えることはありませんか?

もし毎日がストレスなら、会社を辞めるしか方法はないでしょう。

しかし、会社を辞めたくても次の仕事のことを考えると、中々決断ができないものです。

そのため日ごろから、会社を辞めても生活できるだけの準備は必要かもしれません。

そこでこの記事では、準備期間別に会社から脱出する方法にはどんなものがあるかをご紹介します。

会社から脱出したい人は参考にしてみてください。

すぐに会社から脱出する

「収入は必要、でもとにかくすぐに会社から脱出したい。」

このような場合は、転職が一番です。

今ならネットで簡単に求人を探すことができ、比較的早く次の仕事を見つかるので、急ぎであれば転職が一番効果的でしょう。

しかし、熟考しないで転職をしてしまうと、ブラック企業に就職してしまったり、今までよりも悪い状況になってしまうこともあります。

そこで転職活動については、仕事を辞める少し前から進めることをおすすめします。

転職エージェントを利用する

ブラック企業に入らないためには、自分ひとりで判断しないで、専門家の意見を聞くことも重要です。

転職の専門家である転勤エージェントは、これまでの職歴を参考にして、自分に合う仕事を紹介してくれるので、比較的自分の希望に近い就職ができます。

また、自分で多くの求人情報から転職先を探すよりスピード感があるので、すぐに会社から脱出したい場合に有効です。

しかも、転職エージェントは無料で利用することができるメリットもあります。

無料なのが逆に不安であれば、複数社に登録して変な会社を紹介されていないか確認してもいいでしょう。

転職エージェントは、企業から報酬を受け取って活動してますが、大手エージェントは名前に傷が付かないように、ブラック企業を紹介することはまずありません。

ですので、不安があるのであればCM等で有名な大手エージェントだけ登録しましょう。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

数ヶ月我慢して脱出する

数ヶ月間は今の会社でも我慢できるなら、スキルを身につけてから退職するのもありかもしれません。

もしスキルを身につけてから会社を脱出するなら、今後需要がある仕事の技術を学ぶことをおすすめします。

プログラミングスキルを身につける

プログラミングは将来的に需要が増える仕事です。

IT関係の人材不足は深刻で、ITの人材は2030年に約45万人も不足するという調査があります。

それだけに今からプログラミングを学ぶことは、将来の収入確保に役立ちます。

とはいえ、プログラミングのスキルはすぐに身につくものではなく、身についたとしても経験がないと仕事にはなりません。

ですので、このスキルを学んだ場合は独立ではなく、まず就職するのが理想になります。

プログラミング学習と就職斡旋がセットになっているサービスもあるので、これらを活用できればスキルが身について就職までできます。

しかし、これらのサービスも就職までの時間は結構かかります。

プログラミング学習を数ヶ月行ったのちに就職斡旋をしてくれるので、数カ月間は働いていないと収入がなくなってしまいます。

そのため、プログラミングで将来食べていきたいなら、すぐに今の会社を退職するのではなく、スキルを身に着けてから脱出するようにしましょう。

未経験からプログラマーへの転職率95.1%

GEEK JOB

数年我慢して脱出する

今の会社から脱出したいけど、将来的に辞めれればいいというのであれば、次の仕事の選択肢は多くなります。

じっくり時間をかけて転職してもいいですし、自分に合った技術を身に付けてもいいでしょう。

また、時間さえあれば勉強して起業するのもいいでしょう。

普段から行なっている副業を発展させて独立するのもいいかもしれません。

ここでは将来独立の可能性がある副業について紹介します。

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログやサイトに広告を貼り、その広告から商品が売れたり、サービスの登録がされたときに報酬が得られるビジネスです。

このビジネスを行っている人の中には、月に数百万以上の収益を得ている人もいて、法人化している人もいます。

アフィリエイトは、広告によって報酬の単価が違うことから、単価が高い広告の商品が売れれば高収入が得られます。

ただし、アフィリエイトは初めてすぐ結果出るビジネスではないので、すぐに収益化したい人には向いていないかもしれません。

>>>再現性が高い副業!ブログアフィリエイトの始め方

ネットショップ

ネットショップを運営しても、将来的に独立することが可能です。

アフィリエイトと同じように、高収益なものの販売と、どのように集客していくかが重要になります。

初めはネットショップで集客するのは難しいので、Amazonやメルカリなどのプラットフォームで商品を販売していくのが良いでしょう。

商品はネットや実店舗で買ったり、自分で作ったりするのが一般的です。

最後に

どうしても会社から脱出したい場合は、衝動的に辞めるのではなく事前に準備をして辞めるようにしましょう。

辞めるまでの時間があれば、次にやることの選択肢が増えます。

多少我慢が必要になってしまいますが、会社にいる間に何をやるべきか考えて行動しましょう。

doda