転勤

事務職でも転勤はあるの?転勤にならないためにはどうすればいい?

事務職は、転勤とは無関係と思っている人はいませんか。

実は事務職でも転勤になることがあるのです。

そのため、事務職だからといって、転勤がないと安心することはできません。

そこでこの記事では、事務職で転勤になるのはどんなケースなのか、事務職から転勤した経験をもとにご説明します。

現在事務職で、転勤が不安という人は、自分の状況と照らし合わせて確認してください。

事務職で転勤になるケース

事務職でも転勤になることがあります。

転勤になる状況はそれぞれ異なりますが、転勤になるのはだいたい以下のようなケースです。

総合職で入社している場合

総合職で入社すると事務部門に配属されていても、ジョブローテーションで他の部署に異動になることがあります。

企画部門から総務などの管理部門への異動や、営業部門から管理部門への異動など様々です。

もちろん、管理部門から営業部門への転勤もあります。

つまり、営業拠点への異動(転勤)もあるのです。

そのため、総合職で入社した場合は、転勤の覚悟が必要になります。

また総合職で入社していなくても、雇用契約に転勤無しとの記載がない場合は、転勤になる可能性はあります。

事業所などの閉鎖

勤務していた事業所や、工場が閉鎖になってしまった場合、事務職であっても転勤の指示が出ることがあります。

勤務していた場所の近くに他の事業所がなれば、転居を伴う転勤をしなければいけなくなるのです。

名古屋や大阪の事務所がなくなって、東京に転勤になってしまったなどが、このケースです。

このように事務職であっても、働く場所がなくなってしまえば転勤になってしまいます。

事務職で転勤にならないためには

事務職で転勤にならないためには、転勤がない仕事か、転勤がない契約をするしかありません。

転勤が少ない事務職

転勤が嫌なら転勤がない仕事を選ぶのが一番です。

事務職でも転勤になりにくいものもあるので、次のようなほとんど転勤がない事務職を選ぶと異動の心配がなくなります。

経理部門

経理は専門職のため、転勤になりずらい仕事です。

もちろん総合職で入社をしていれば、経理であっても異動の対象になります。

しかし、仕事の性質上、簡単に他の人が変われる職務ではないので、他の業務に比べると圧倒的に転勤になりずらい仕事と言えます。

エンジニア・プログラマー

基本的にエンジニアやプログラマーは転勤になることがありません。

エンジニアやプログラマーは転勤しないでも業務が遂行できる職種です。

SESで客先に駐在することはありますが、転勤はほとんどないと考えていいでしょう。

本社だけの会社

異動する先がない会社に入社すると、間違いなく転勤はありません。

異動する先がない会社とは、子会社やグループ会社を持たず、支店や事業所・工場などがない会社です。

こういった会社なら転勤自体が無いので、事務職に限らず他の地域で仕事をすることはまずありません。

エリア限定職

転勤ができない場合は、エリア限定職という選択もあります。

エリア限定職はその名の通り、地域を限定した契約です。

そのため、転居を伴う異動が起こることはありません。

ただし、転勤が発生する総合職と比べた場合、給料が低くく、昇格しにくいというデメリットも考えられます。

エリア限定職には転勤はない?デメリットがあるとしたら? 転勤がどうしてもできない場合は、エリア限定職という選択肢があります。 エリア限定で契約すると、転勤も無く安心して生活できるメリッ...

転勤がない事務職を探すなら

転勤がない仕事をしたいのであれば、前述のような本社だけの会社や、エリア限定職を探してみるのも良いでしょう。

転職サイトなどで探せば、このような求人はいくつも出てくるはずです。

ただし、転職サイトだと会社の中身が見えないこともあります。

そこでもし会社の風土や雰囲気が知りたいようであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントもすべての会社の雰囲気がわかるわけではないですが、自分で調べるよりも多くの情報が手に入ります。

何より、自分一人で転職活動をするよりも効率的で効果的です。

もし転勤のない会社を早く探したいのであれば、このサービスは間違いなく役に立ちます。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

まとめ

事務職でも転勤になることはあります。

転勤になるのは、総合職で入社した場合や、勤務先がなくなってしまった場合などが一般的です。

ただし、もし転勤したくないのであれば、事前に転勤を避けることもできます。

総合職ではなくエリア限定職で入社したり、本社しかない会社に入社することでこれらは回避できます。

転勤の辞令が出てしまった場合、断ることがほとんど出来ないので、転勤したくないのであれば、このような雇用形態や会社で働くようにしてみてください。

doda

自分に向いていない・納得できない異動はどうしたらいいの? 異動や転勤になった時に「自分には向いてない」「納得できない」と思ったはことありませんか? 向いてない仕事でも、良いパフォーマンス...