転勤

異動先で馴染めない場合にやるべきこと3選

異動先や転勤先で、どうしても周りの人に馴染めないということはよくあります。

単純に自分と合わない人達ばかりだったり、仕事の進め方が今までと全く違ったり、新しい部署に馴染めない原因は様々です。

しかし周りに馴染めないままにしておくと、ストレスも貯まり、仕事もスムーズに回らなくなってしまいます。

そこでこの記事では、異動先や転勤先で馴染めない場合にどうすればいいか、転勤を複数回経験した立場からご説明します。

今のモヤモヤした気分が無くすのに役立ててください。

異動先で馴染めない場合にやるべきこと

異動先のメンバーと、どうしても馴染めない時にやるべきことは状況によって異なります。

そのため、それぞれの状況に応じて対応していく必要があります。

積極的にコミュニケーションを取る

異動先で馴染むには、コミュニケーションを取ることが重要です。

まず自分が心を開かないと、相手も心を開いてくれません。

そのため、積極的に会話をするようにしましょう。

積極的に話をすれば、自分のことが分かってもらえるので、相手の警戒心も徐々に薄れてきます。

こちらも相手のことがわかるので、自然にその場に馴染めるようになります。

もし、話しかけるのが苦手ならば、挨拶をしっかり行うことから始みるのも良いでしょう。

笑顔で相手の名前を呼んで挨拶すれば、少しづつ打ち解けていけるはずです。

異動先のルールを早く覚えて従う

異動した先では同じ会社内であっても、これまで所属していた部署とは細かいルールが違っていることがよくあります。

とくに地域が異なる転勤先では、ルールが大きく異なる場合があるのです。

転勤先のメンバーがずっと同じ職場にいる人たちばかりなら、そのコミュニティ内には独自のルールが存在していてもおかしくありません。

そんな時は、以前はこういう風にやっていたから、このやり方の方が正しいという考えは捨てて、異動先のルールに従いましょう。

おかしなルールがあるのなら、初めから否定するのではなく、職場に馴染んでから少しづつ変えていくと良いでしょう。

また、わからないことは周りに積極的に聞くようにしてください。

今までと同じようにやって、扱いづらい人と思われないように、この職場では何が当たり前なのかしっかり確認するようにしましょう。

まずは、その職場のやり方を覚えることを優先してください。

異動先の人間関係把握

早く新しい職場に馴染むには、その職場の人間関係の把握は欠かせません。

どの人がその職場のキーマンなのか、どの人に相談すれば良いアドバイスをくれるのか、職場の全体像を掴むのは重要です。

最初はわからないかもしれませんが、常に職場を観察していれば、人間関係はだいたい把握でき職場の雰囲気もわかってきます。

自分が早く馴染むためには、どういう立ち位置で、どのように立ち回らなければいけないかも見えてくるはずです。

どうしても異動先の職場に馴染めない場合

何をやっても異動先・転勤先の職場に馴染めない場合はどうすればいいのでしょうか。

異動願を書く

どうしても異動先で馴染めず、人間関係がうまくいかないのであれば、会社に相談してみましょう。

ストレスから体の調子を崩してしまっているなら急いだ方がいいでしょう。

会社に相談しても異動させてくれるかはわかりませんが、体の調子が悪くなっているのであれば、何かしらの手を打ってくれることも考えられます。

確実な方法ではありませんが、異動願を提出するという手段も、新しい職場に馴染めない場合は試してみたほうがいいでしょう。

転職する

異動先で馴染めず、異動願も受け入れられない場合は、会社を辞めるしかありません。

もちろん会社を辞めれば、就職活動などやることが増え、今よりもストレスがかかることはあるでしょう。

しかし、これからの人生を考えた場合、嫌な職場で我慢していくよりもずっと精神衛生的には良いはずです。

転職は一時的なストレスですが、うまくいかない職場で働き続けるのは、長期的なストレスです。

もしどうしても異動・転勤先で良い人間関係が築けないのであれば、転職も考えてみてください。

今、ストレスで落ち込んでいるなら、ストレスがなくなる未来を選択しましょう。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

まとめ

転勤先や異動先で馴染めないのであれば、明るく笑顔で積極的にコミュニケーションをとることを心がけてください。

話しかけやすい雰囲気を作れれば、自然に職場に馴染めるでしょう。

また、新しい職場のルールや習慣、人間関係を早く覚えることも重要です。

一匹狼にならないように、常に周りにも目を向けていきましょう。

もしそれでも新しい職場に馴染めないようであれば、会社に相談するか転職を考えて見てください。

今の状況が改善する見通しがないなら、自分が幸せになれる未来を自分で作るようにしましょう。

doda

40代で転勤になったらどうする?地元で働くために考えること 40歳を超えてからの転勤辞令は、若いころよりも悩みますよね。 転勤については6割の人が、会社を辞める大きなきっかけになるというア...