転勤

自分に向いていない・納得できない異動はどうしたらいいの?

異動や転勤になった時に「自分には向いてない」「納得できない」と思ったはことありませんか?

向いてない仕事でも、良いパフォーマンスをしないと評価は下がるので、この人事が理不尽と感じることもあるかも知れません。

私も同じ経験をしているので、その気持ちはわかります。

しかし、一度出た人事は簡単には覆りません。

そこでこの記事では、自分に向いていない、納得できない異動や転勤はどうして起こるのか、どう対処したらいいかについてご説明します。

このまま、今の会社で仕事を続けていいか迷った時に参考にしてください。

会社が異動や転勤をさせる目的

会社が人事異動を行う目的は色々なケースがあり、企業によっても異なります。

ジョブローテーションの一環で行う会社もあれば、そうでない会社もあります。

人材の育成を行う

会社は将来の幹部を育成するために、転勤などの人事異動を行うことがあります。

いくつかの部署で経験を積ませて、会社に貢献できる人材を育成することが目的です。

この人事異動では、ほとんどの場合若い人がターゲットになりますが、会社によってはベテラン社員も対象になります。

適材適所に人員を配置する

企業は適材適所に人員を配置するという目的で、人事異動を行うことがあります。

適材適所といっても、会社の都合が良い適材適所なので、全てが社員の望む部署への異動というわけではありません。

むしろ多くの場合、人員が不足している部署に、人を補充することが目的になっています。

活性化を行う

長いこと同じ部署にいると、仕事での緊張感がなくなり、モチベーションも上がらなくなることから人事異動を行うことがあります。

組織内の空気を入れ替えるのも目的です。

ただしこの人事は、組織内の全員が異動になるのではなく、同じ部署に居続ける人も出てくることから不平等と判断されることもあります。

転勤を断っても大丈夫のケース

自分には向いてない、納得できない理由で転勤になってしまった場合、どうにかして転勤を断れないかと思いますよね。

しかし、結論から言うと転勤を断るのは、ほとんどの場合不可能です。

ただし、以下の3つのケースに該当すれば転勤を断ることも可能です。

就業規則やその他の契約で勤務地が限定されている

就業規則や入社時の契約で勤務地が限定されている場合、転勤の指示は契約違反になります。

総合職での入社では、このようなケースはほとんどありませんが、エリア限定で入社した場合はほぼ地域が限定された契約なので、このようなこともあり得ます。

その場合には転勤を拒否しても問題ありません。

権利の濫用

権利の濫用での転勤指示の場合も、拒否できる可能性があります。

権利の濫用とは、つまりパワーハラスメントです。

言うことを聞かない部下に報復人事として、異動の辞令を出すのがこのケースになります。

このような場合は、即座に労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談してください。

転勤がなくなる可能性があります。

家庭の事情

家庭の事情でも転勤を断れる場合があります。

家族の介護で自分が近くにいなければいけないケースなど、どうしても自宅を離れられない場合には、転勤が免除になる可能性があります。

ただし、このケースでは会社が主導権を握っているため、家庭の事情がどのような状態でも、会社の判断が優先されてしまいます。

しかし、家庭の事情が深刻で転勤が免除されない場合は、権利の濫用として扱われることもあります。

自分に向いていない納得できない異動が苦痛なら

どうしても異動や転勤が苦痛なのであれば、今の状況を変えることを考えた方がいいかもしれません。

このまま嫌いな部署で働いていても、良いパフォーマンスができないだけではなく、人生がつまらなくなってしまいます。

無駄に時間を使って自分の可能性を捨ててしまうのであれば、早めに次のチャレンジをした方が良いでしょう。

転職を考える

嫌いな仕事を嫌な気分でするなら、新しい挑戦をする方が建設的です。

今は終身雇用も薄れ、多くの人が転職を経験する時代です。

そのため、転職先を探すのも簡単になってきています。

転職サイトや転職エージェントなど、転職をサポートするサービスも沢山あるので、これらを利用すれば、比較的簡単に希望に近いところに就職ができます。

もし自分に向いていない異動や転勤で困っているなら、人生を明るくするためにも、今の会社に人生を左右されない生き方を考えてみてください。

そうはいっても迷いはあるはずなので、まずは転職サイトなどいくつか登録して、自分に合いそうな会社があるかを確認してみましょう。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

最後に

会社の事情で、自分に合わない異動や転勤になることがあります。

納得できないこともありますが、ほとんどの場合この異動指示は断ることができません。

そのため、もしどうしても苦痛に感じるようなら会社を辞めることも考えましょう。

今の時代、転職は当たり前です。

今の会社に固執する必要がなければ、自分の未来のために考えてみてはいかがでしょうか。

公式サイトマイナビエージェント

マイナビエージェント

生涯孤独もありえる!?独身転勤のデメリットは? 独身者は身軽でどこで生活しても苦労しないと考えていませんか? 実際、独身者は既婚者よりもメリットは沢山あります。 しかし、...