転勤

上司が異動させたくないと思う人の特徴は?転勤にならない方法はあるの?

出世をしたいなら、転勤をしなければいけない時が来るかもしれません。

しかし、今と同じ職場でずっと仕事をしたいと考えているなら、転勤はしたくないですよね。

ただし異動や転勤は自分で決めらないので、これを回避するには、上司に異動させたくないと思わせるしかありあせん。

そこでこの記事では、上司が異動させたくないと思う人物は、どんな特徴があるのかをご説明します。

この先異動をしたくないという人は参考にしてください。

上司が異動させたくないと思う人物の特徴

基本的に上司が異動させたくないと思う人物は、その部署に必要な人です。

その部署に必要な人とは、以下のような人物になります。

仕事ができて優秀な人

上司が異動させたくないと考える人物は、上司が手放したくないと感じる人物です。

つまり仕事ができて、その人がいなくなってしまったら、現在の部署の生産性が落ちてしまうような人になります。

このような人物がいなくなってしまうと実害が出てしまうので、上司としては異動させたくない存在です。

また、このような人物が転勤した場合は、転勤先の上司からも同じように思われることが多いため、転勤期間が長くなる傾向があります。

上司との良好な関係にある人

上司との関係が良好な場合も、異動になりにくいと言えます。

職場の中で上司と良好な関係にある人が、上司と職場の潤滑油のような存在であった場合、その人がいなくなると、職場の指示系統がうまく働くなることがあります。

そのような人がいなくても仕事をうまく伝えていくのが上司の役目ですが、自分と良い関係にある人物は、上司にとっては手放したくない存在でもあります。

また、単純に上司に気に入られている人も、異動させたくないと思われる人物です。

代わりが効かない人

その人しかできない仕事がある場合、上司は異動をさせたくないと感じるでしょう。

代わりにその仕事をできる人が育つまでは、その人がいなくなると上司としては困るので、ひとまず異動候補には上がらないはずです。

ただし、その業務を代わりにできる人ができた場合は、異動させても良いと思われる可能性もあります。

異動しやすい人の特徴

会社が異動させたいと思う人は、上司が異動させたくないという人も含まれることがあります。

将来の幹部候補

会社は将来の幹部候補の成長を促すため、異動や転勤を行います。

直属の上司が転勤させたくなくても、会社の将来のために異動になることはよくあります。

とくに、現在の部署で優秀な成果を出している人材は、異動しやすい傾向があります。

総合職で入社をしたのであれば、宿命といえる部分かもしれません。

異動を希望する人

異動を希望する人も、当然異動しやすい人になります。

ただし、異動したい理由が前向きじゃない人は、異動したい意思があっても、なかなか異動になることはないでしょう。

そのため、異動したい人は前向きな理由を添えて異動願いを出すと、自分の希望が通りやすくなります。

異動にならない方法は存在しない

上司が異動させたくなくても、結局は会社次第で異動になってしまいます。

そのため、基本的には異動にならない方法は存在しません。

もちろん、地方の営業所にエリア限定職として入社したのであれば、その事業所がなくならない限りその場所で仕事することは可能です。

しかし総合職で入社した場合は、異動の可能性は非常に高く、それを逃れるすべはほとんどありません。

総合職で入社したら、在社中は何度も異動を経験しなければいけないと覚悟しておいた方が良いでしょう。

自分が好きな部署で仕事をしている場合、異動になるとモチベーションは下がるかもしれません。

しかし、結局異動した場所でどのように仕事するかが重要です。

異動するということは、会社が期待をしている表れと捉え、新しい部署での仕事を頑張りましょう。

まとめ

異動したくないなら、上司に異動させたくないと思わせなければいけません。

そのためには、この部署には自分が必要というアピールが重要になってきます。

他の人よりも仕事ができる、他の人ができない仕事をしている、部署内を円滑にする役割をしているなど、人と違う何かがあると上司は手放したくなくなるはずです。

ただし上司が異動させたくなくても、会社の考え次第で異動になることは十分考えられます。

会社が判断した場合は、異動から逃れるすべはないので、会社が自分に期待していると捉えて新しい部署で頑張りましょう。

自分に向いていない・納得できない異動はどうしたらいいの? 異動や転勤になった時に「自分には向いてない」「納得できない」と思ったはことありませんか? 向いてない仕事でも、良いパフォーマンス...