転勤

仕事で都落ちになるのはどんな時?対処法は?

地方への転勤で都落ちになったと感じたことはありませんか?

このような転勤の場合、将来に不安を感じることもあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、都落ちとはどのようなケースで、都落ちと感じた場合どのように対処すればいいかご紹介します。

都落ちになったと感じたときに参考にしてみてください。

都落ちとは

そもそも都落ちとは何のことを言うかご存知でしょうか。

都落ちとは平家物語の中で、戦いに敗れた平家が拠点のあった京都から西国に逃れた時に使われた言葉です。

この言葉は、現在では仕事で都会を離れて地方に戻る場合などに使われます。

都落ちが使われるケース

本来都落ちは、自らの意思で地方に行く時に使う言葉ですが、現在は違う意味で使われることもあります。

本社がある都会から地方の事業所などに転勤になる場合

都落ちという言葉が一般的に使われるのが、本社機能がある都会の勤務地から、地方に転勤になるケースです。

本来の意味とは違って、会社の指示による異動ですが、現在ではこれを都落ちと言うことが多くなっています。

しかし異動の最終決定をするのは転勤する本人なので、この使い方が間違いとは言い切れない部分もあります。

都会での仕事に行き詰まり、実家のある地元に戻る場合

現在でも自らの意思で、都会から地方に行く時に都落ちという言葉を使います。

夢破れて都会での仕事を諦める場合や、体調を崩して地元に帰る時などがこのケースです。

都落ちという言葉はマイナスなイメージで捉えられることが多いですが、自ら幸せのために移動するときにも使われる言葉です。

転勤で都落ちしたらどうする?

都落ちの捉え方は様々です。

前向きな都落ちもあれば、そうでない都落ちもあります。

会社での前向きな都落ちと言えば、将来のために色々な仕事を経験する目的で転勤になった場合です。

このケースでは、将来の幹部としての準備期間になると前向きに捉えることができます。

一方、ある程度の年齢がいってからの転勤や、役職が下がっての転勤は、前向きではない都落ちかもしれません。

この場合は、自分の行動を変えないと2度と元の勤務先に戻れない可能性もあります。

そのため、マイナスの都落ちになったのであれば、次の職場での評価が上がるよう努めていきましょう。

ただし、もう評価が上がらないと感じる部分があるのなら、早めにその会社を脱出する方がいいでしょう。

そのまま今の会社にいても、何年も無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

転職を考える

近年、終身雇用は当たり前ではなくなっています。

そのため、今では多くの人が転職を経験するようになってきました。

この傾向は今後も増え、キャリアアップは誰でも行うように変わってくるはずです。

もう既に、誰でも簡単に就職活動に利用できる転職サイトや、転職エージェントといったサービスが無料で便利に扱えるようになっています。

自分一人で求人を探さなくてもサポートしてくれるサービスもあるので、転職は以前よりもとても簡単なものに変わってきています。

もし、このままでは良い将来が見えないというのであれば、これらを利用することで比較的簡単に自分の人生を変えることができるでしょう。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

最後に

本来都落ちという言葉は自分の意思で地方に行く時に使う言葉です。

しかし転勤など、都会の本社から地方に異動になった場合にも、この言葉がよく使われています。

この都落ちと言う言葉にはマイナスのイメージもありますが、将来の幹部候補に勉強させる目的で行うこともあるので一概に悪いものだけではありません。

ただし、評価されずに都落ちになった場合は、片道切符になることも多いので、こうなった時には早く都に戻れるように自分の将来を深く考えて行動していきましょう。

doda

転勤が限界で地元に戻りたい人におすすめの転職サービス3選 「今まで転勤で頑張ってきたけどもう限界、早く地元に戻りたい」と悩んでいる人はいませんか? もしそのような悩みを持っているなら、転...