転勤

親と同居の独身者は転勤になっても単身赴任手当はないの?

親と同居している独身者が転勤になった場合、どれくらいの手当が出るかご存知でしょうか。

会社によっても異なりますが、転勤になると転勤手当などいくつかの手当が出ることがあります。

とくに単身赴任の人には、手厚い手当が出ることが多くなっています。

しかし独身者には、あまり大きな手当の支給はありません。

そこでこの記事では、独身で親と同居している人が転勤になった場合、どれくらいの手当が出るのかご説明します。

転勤でもらえる手当の種類

転勤した場合に、会社から支給される手当は何種類かあります。

これらは独身者・単身赴任者など対象によっても異なり、会社の制度によっても多少違いがあります。

単身赴任手当

単身赴任手当は、家族を転勤前に住んでいた家に残して、ひとりで転勤する場合にもらえる手当です。

単身赴任になると、家族と二重生活になり、負担が多くなることから、その負担を減らすために用意されている手当です。

この手当の対象になるのは

  • 配偶者が親を介護する場合
  • 配偶者が学校に在学する子どもを養育する場合
  • 配偶者が共働きで引き続き就業する場合
  • 配偶者が所有する住宅を管理するために居住する場合

などになっています。

住宅手当

転勤先での家賃補助として支給されるのが住宅手当です。

会社によって支給の有無は異なりますが、会社都合の転勤の場合は、比較的支給されることが多い手当になります。

ただし、支給額は転勤先の地域によって異なることがあります。

帰省手当

単身赴任など、転勤前に住んでいた場所に家族を残している場合、定期的に帰省できるように支給されるのが帰省手当です。

帰省手当の支給条件は、会社によって異なり、月に1回分の交通費が支給される場合もあれば、これよりも少ないケースもあります。

その他の手当

転勤時にしかもらえない手当として、赴任手当や引越手当などがあります。

これらの手当は、転勤による金銭的負担を減らすために、転勤の時だけもらえる手当になっています。

支給されるのは、引越し代や転勤先までの交通費などです。

親と同居している独身者がもらえる手当は?

単身赴任者は、上記で挙げたほとんど手当を受けれる可能性があります。

しかし、親と同居している独身者は、これらの手当の全てを受け取ることはできません。

たとえば単身赴任手当は、配偶者が実家に残るという条件でもらえる手当なので、配偶者がいない独身者はこの手当を受けることができません。

これは、父母を扶養家族にしている場合でも、もらえない会社がほとんどです。

また、帰省手当も配偶者がいない独身者には支給されません。

そのため、親と同居している独身者に支給されるのは、住宅手当と赴任手当ぐらいになっています。

住宅手当と赴任手当の相場は

単身赴任者であれば毎月、単身赴任手当・住宅手当・帰省手当をもらうことができますが、独身者は集宅手当くらいしか毎月もらえる手当がありません。

この住宅手当の相場は、厚生労働省の調査によれば、月平均約17,000円です。

また、転勤のための支度金は、一般社員で約10万円と言われています。

このように独身者は、転勤でもらえる手当がごくわずかなしかないのです。

あまり生活費がかからなかった実家からの転勤なので、手当ての少なさから、生活が困窮する可能性もあります。

そのため、転勤先での節約は非常に重要です。

もし今後の生活費に不安を感じるなら、まずは出来るだけ安い引越し会社を使い、安い住居を見つけるところから始めてみてください。

安い引越し会社と安い住まいを見つける

安い引越し会社も安い賃貸住宅も、ネットで探せば簡単に見つけることができます。

とくに引越し会社の場合は、料金の比較ができる一括見積サイトに依頼すれば、簡単に安いところが見つけれます。

また口コミなどを参考にすると、変な引越し業者を避けることができるので、口コミが見れるサイトはおすすめです。

料金比較・スピード予約!
引越しをもっと安く、もっと便利に
引越し侍の予約サービス

賃貸住宅については、実際内見してみないと後悔するので、ネットで一度探してから実際に現地でしっかり物件を確認してください。

まとめ

親と同居している独身者に支給される転勤の手当は、ほとんどの場合、住宅手当と赴任手当だけです。

これは配偶者がいないため、単身赴任手当や、帰省手当の対象でないのが原因です。

もし父母を扶養家族にしていても、配偶者とみなされることは少なく、単身赴任手当や帰省手当をもらえるケースはほとんどありません。

このように独身者の手当は少なく、実家から転勤になった場合などは、たいてい生活が苦しくなってしまいます。

そのため、まずで出来るだけお金を使わない生活を心がけましょう。

引越し業者の選定や、住居選びにも注意するようにしてください。