転職

効率的な転職をするならエージェントがベストな理由とは?

効率的に転職をするには、どうしたらいいのでしょうか。

一昔前は、ハローワークや就職情報誌を利用して求人を探すのが一般的でした。

しかし、最近では転職サイトや転職エージェントといった転職サービスを利用する人が増えています。

転職サイトや転職エージェントは、求人情報も多く、企業も積極的に求人を掲載しているので、ハローワークや就職情報誌以上に使いやすいサービスになってきています。

ただ転職サイトと転職エージェントは、どちらも同じように効率的と言うわけではありません。

効率を考えた場合は、圧倒的に転職エージェントの方が優れています。

そこでこの記事では、なぜ転職サイトより転職エージェントの方が効率が良いのかその理由をご説明します。

効率的な転職をするならエージェントがベストな理由とは?

転職するときによく使われるのが、転職サイトや転職エージェントです。

リクルートなど同じ企業が運営していることも多いので、混同してしまいますが、これらはサービス内容が全く異なります。

その違いについてご説明します。

成り立ちの違い

転職サイトと転職エージェントを比較した場合、大きく違うのはそれぞれの成り立ちです。

転職サイトは、求職者がサイトに登録して自分で求人を探すサービスで、転職エージェントは、求職者がエージェントに申込み、エージェントから求人を紹介してもらうサービスになっています。

お金の流れと欲しい人材の違い

転職サイトは、企業から広告掲載料を受け取り、サイトに求人を載せることで求職者を募る仕組みです。

一方、転職エージェントは、企業と求職者をマッチングさせた時に、企業から報酬をもらう仕組みになっています。

転職サイトは、費用が安い代わりに優秀な人材が集まりにくく、競合他社に欲しい人材がばれてしまうという問題があります。

逆に転職エージェントは、企業側の費用負担が大きい代わりに欲しい人材を採用でき、採用内容を非公開にして、競合他社に欲しい人材情報を隠すことができます。

そのため、転職サイトの利用企業は、低コスト・未経験者OKの安い人材を探していて、転職エージェント利用企業は、お金がかかっても即戦力の人材を求めていると言えます。

種類転職サイト転職エージェント
仕組み求職者が自分で求人を探す求職者が求人をエージェントに探してもらう
支払い企業が広告掲載料を支払う企業が求職者とマッチングできたときに支払う
求める人材給料が安い未経験者でもOK給料が高くても即戦力

求人の探し方と情報

転職サイトで求人を探す場合は、自分でサイトの中から興味のある求人を探さなければいけません。

しかし転職エージェントは、自分の経歴や希望をエージェントに話すことで、自分に向いている求人を紹介してくれます。

転職エージェントが転職サイトよりも、効率よく就職活動できるのはこのような理由があるからです。

また、転職サイトは公開されている情報しかわからないため、会社の社風や組織体制、雰囲気などがほとんどつかめない状態で面接をすることになります。

一方、転職エージェントはこれらの情報を教えてくれるので、面接前に内部事情まで知ることができます。

種類転職サイト転職エージェント
求人の探し方サイトから自分で探すエージェントに紹介してもらう
情報収集サイトに公開されているだけ会社から内部事情を入手

面接対策・スケジューリング

ご存じの通り、転職サイトでは面接対策はできません。

しかし、転職エージェントは、サービスの一環として面接対策や、必要書類の添削を行ってくれます。

さらに、面接のスケジューリングもしてくれるので、自分でやることはだいぶ少なくなり効率的です。

また、場合によっては、給料の交渉もしてくれます。

自分では給料交渉などまずできませんが、転職エージェントは年収アップにつながるところまで面倒を見てくれます。

転職サイト転職エージェント
面接対策自分で行う面接対策・書類添削・面接スケジューリングあり
給料交渉自分ではまずできないエージェントが交渉

転職エージェントを利用するときの注意点

転職エージェントはとても優れていますが、注意をしなければいけないところもあります。

それは転職エージェントが、企業と求職者をマッチングさせて報酬を得るという仕組みが原因になっています。

つまり、企業と求職者を無理やりマッチングさせても、転職エージェントは報酬を得ることができるということです。

転職エージェントは、マッチングさえできれば報酬が得られるため、簡単にマッチングできる企業しか紹介しないケースも出てきてしまうのです。

このようなケースを防ぐには、真面目な転職エージェントを選ぶしかありません。

そのため、転職エージェントの選定は非常に重要です。

そこで転職エージェントを選ぶ際は、企業の名前に傷がつくようなことはしない大手を選ぶのがベストになってきます。

基本的に大手であれば、サポートも安心して任せることができます。

登録するのであれば、有名なリクルートやdoda マイナビエージェント などが良いでしょう。

最後に

転職サイトに比べて、転職エージェントは圧倒的に効率的です。

転職を決めるまでのスピードだけではなく、自分に合った企業に就職しやすくなることもエージェントを選ぶ理由になります。

転職の際はいろいろ悩むこともありますが、サポートしてもらえて、効率的に事が進む転職エージェントは多くの点でおすすめと言えます。

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

doda