転勤

マイホームは貸すべき?転勤族が家を買うタイミングは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

転勤がある会社にいると、マイホームのことを色々考えますよね。

家を買ったばかりなのに転勤が決まってしまったり、転勤の可能性があるから家が買いにくいなど、家のことで悩むことも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、転勤時マイホームはどうするべきか、転勤の可能性がある人はどのタイミングで家を買うべきかについて、転勤を10年以上してきた経験からご説明します。

転勤のときマイホームは貸すべき?売るべき?

転勤時にマイホームを貸すかどうかは、転勤から戻った時にその家にまた住むかどうかによって変わってきます。

ほとんどの人が転勤の期間はわからないので、将来的にどうしてもその家に住みたいという人でなければ、貸すか売るか採算が合う方を選びましょう。

家を貸す時の契約方法とメリット・デメリット

転勤から戻ってきてまたその家に住みたいなら、家は貸したほうがいいでしょう。

ただマイホームを貸す契約方法は一つではありません。

貸すことが決まっているのであれば、転勤の状況に合わせて契約方法を選びましょう。

普通賃貸借契約

マイホームを他人に貸すときによく使われいるのが普通賃貸借契約です。

この契約は一般的に2年更新で、借主が退去しないかぎり契約解除ができないという特徴をもっています。

そのため、転勤から戻ってきたとしても、すぐに入居ができないデメリットがあります。

家賃については、相場通りが一般的です。

いつ転勤先から戻れるかわからない場合は期間貸ができないので、普通賃貸借契約が一般的になります。

定期借家契約

転勤がいつまでか明確にわかっている場合は、定期借家契約にすると戻った時にすぐその家で暮らすことができます。

定期借家契約は3年や5年の決まった期間で借家の契約を行い、期間満了後に原則解除ができる契約になっています。

そのため、転勤期間がわかっているときは、あらかじめ転勤期間内だけ人にマイホームを貸すことができるのです。

ただし、家賃は相場よりも下がる傾向があります。

マイホームを貸した場合のローン

転勤時マイホームを人に貸した場合、気になるのが住宅ローン控除です。

単身赴任で家族が家に残っている場合、住宅ローン控除は継続されますが、家族で転勤して誰かにマイホームを貸した場合は住宅ローン控除はストップします。

そのためマイホームを貸す場合は、賃料収入から住宅ローンや諸経費を引いたランニングコストがどれくらいになるか考えて決定しましょう。

ただし、転勤から戻ってきたときに控除を受けられる期間が残っていれば、その期間のみ控除を受けることは可能です。

マイホームの売却は条件次第

転勤先から戻ってきて元の家に住まないのであれば売却を検討しましょう。

ただマイホームを売却する場合気を付けなければいけないのは、残っている住宅ローンを返さなければいけないという点です。

家を売却した金額(諸経費含む)より住宅ローンのほうが大きくなってしまった場合は、売却が難しくなるので注意しましょう。

ただし自分が住んでいる家を売却した場合は、税金の特別控除が受けれるメリットもあります。

転勤族が家を買うタイミングは?

転勤の可能性がある会社で、家を買うタイミングをはかるのは難しいと思います。

まだ転勤が決まってなくてもこの先どうなるかはわからないので、家を買うという決断はしにくいのではないでしょうか。

ただ転勤がありそうな時期を先輩や同僚の動向から掴めれば、ある程度予想をしてマイホームの購入を検討することはできます。

転勤が5年以上先なら住宅ローン減税などで諸費用の回収が可能なので、売却しても貸し出しても損失が少なくなります。

一方転勤までの期間が短いと、諸経費負けする可能性が大きくなります。

また、買ったときと売るときに差が出ない物件を選んでおけば、転勤時に大きな損失を間逃れることができます。

売れる物件は貸せる物件なので、買ったときとの差が出ない物件を選ぶようにすれば、売っても貸しても損はしません。

地域差もありますが物件を決める際は、価格が下がりやすい新築ではなく、価値が変わりにくい中古物件を選ぶのがよいでしょう。

最後に

転勤にマイホーム問題はつきものです。

持っている人は貸すか売るかで悩み、これから買おうか迷っている人は転勤の時期で悩みます。

ただ一番重要なのは、戻ってきたときにその家に住みたいかどうかです。

転勤期間がわからないので決めづらい部分もありますが、何が一番良いか家族で考えてみましょう。

中古マンションの査定なら!【KAITRY】

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

車は現地調達が一番!転勤者にはカーリースが良い3つの理由 転勤先で車が必要になって悩んでませんか? ただそのためだけに車を購入するのはどうかと思うこともありますよね。 そのため、こ...