転勤

【孤独で鬱になることも】転勤族の妻の5つの悩み

家族と一緒に転勤先で暮らす場合、自分以上に家族のことを考えなければいけません。

とくに奥さんは、転勤先の暮らしで多くの悩みを抱えています。

この悩みを放っておくと、離婚に発展したり、会社を辞めることになったり、最悪な状況になる可能性があります。

そこでこの記事では、転勤族の妻が抱える5つの悩みについてまとめました。

家族が一緒に楽しく過ごすために参考にしてみてください。

転勤族の妻の5つの悩み

転勤族の妻のが抱える一般的な悩みは5つあります。

それが「お金の問題」「子供の問題」「仕事の問題」「家の問題」「孤独の問題」です。

お金の問題

転勤すると会社は、住居や引越しの手当てを負担してくれます。

会社都合での転勤なので、当然と言えば当然ですが、負担してくれるのはそこまでです。

新しい暮らしには、何かとお金がかかります。

新しい住居に必要なカーテンや、部屋のサイズに合った家具や家電、子供の転校先での指定の制服など、今までなら必要なかった物も購入しなければいけなくなります。

家計を預かっている妻は、このすべてを切り盛りしなければいけません。

そのため、転勤の回数が増えれば増えるほど、お金の問題は多くなり妻の悩みも増えていくことになります。

子供の問題

子育てはストレスがかかります。

それを知らない土地で、助けてくれる人がいない中で一人で行うのは大変な負担です。

また、転校の手続きなども場合によっては一人でやらなければいけないので、家族で転勤に帯同するのは、かなりの労力が必要になります。

仕事の問題

夫の転勤に妻がついていくということは、今まで働いていた職場での経験や、人間関係を手放すことになります。

さらに、この先また転勤があると考えると、正社員で働くことも難しくなり、今までの経験を活かせる仕事に就けない可能性もあります。

また、育児のための休暇など、今までのように融通がきかないかもしれません。

務めていた会社を辞めるのは簡単ですが、見知らぬ土地で新たに働くのは、資格などを持っていないと厳しくなります。

>>>転勤族の妻におすすめ!役に立つ2つの資格とは

家の問題

転勤族は、マイホームを買うベストなタイミングがありません。

一か所に腰を据えて暮らしたいと思っても、いつ転勤があるかわからないので、家を購入する決断ができなくなるのです。

何歳までに家を購入したいという夢を持っている人も、転勤のせいで賃貸暮らしになり、思い描いた未来とのギャップに悩むことになります。

>>>転勤族マイホームは貸すべき?可能性がある人の家を買うタイミングは?

孤独の問題

転勤族の妻の一番の悩みは、友人など頼る人が近くにいないため、孤独になってしまうことです。

見知らぬ土地で友人を作ることは簡単ではありません。

時間をかけて作れたとしても、また転勤があればその関係を手放さなければいけません。

とくに専業主婦の場合は、周りに知っている人がいなければ、友達を作ることはかなり難しくなります。

友人がいないと家族以外と話すことがなくなるので、孤独を感じることが増えてしまいます。

最悪の場合は、うつ病などになってしまう恐れもあります。

転勤族の妻の悩み解決は難しい

転勤先で妻が悩みを全く抱えずに暮らしていくことは不可能です。

もちろん転勤がなくても悩み事はあるので、これをゼロにすることはできませんが、妻の悩みを少なくするには夫が少しでも負担をなくしてあげることが重要です。

ただし、いくら妻に負担をかけないようにしても、どうしても新しい土地に馴染めないというケースもあります。

妻が孤独を感じて、うつ病になるようなら転勤先での解決策はありません。

選択肢としては「夫が単身赴任をして妻を地元に戻す」「夫が会社を退職する」「離婚する」くらいでしょう。

実際一緒に生活をして、妻を支えていくことを考えれば、「夫が会社を退職する」という選択肢になってしまいます。

最悪のケースの話ですが、実際に結構あることなので、家族で転勤するときには注意しましょう。

最後に

家族で転勤をすると、妻の負担はかなり大きくなってしまいます。

妻の性格にもよりますが、新しい土地で生活を楽しむことができないと、辛い思いをすることになるでしょう。

そのため転勤が決まった時に、どうすることが家族にとって一番幸せか、単身赴任も視野に入れてしっかり考えてください。

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

【転勤の実態】単身赴任の平均期間は家族帯同より短い? 「単身赴任と家族帯同では転勤期間が違うの?」 「単身赴任っていつまで家族と会えないの?」 転勤の期間はいつまでなのか、家族...