転勤

社外・社内|転勤する人の挨拶状・メールの参考例文とスピーチのコツ

「転勤が決まったけど周りにどんな挨拶をしたらいいかわからない」
「どうしても時間がなくて、社外の人に会って挨拶ができないのでせめてメールで伝えたい」
「転勤先の部署に、取り急ぎあいさつしたい」
など転勤が決まると、挨拶をしなければいけないことが色々出てきます。

しかし、初めての転勤だと、どうしていいかわからないという場合もあるかもしれません。

そこでこの記事では、転勤時の社外・社内に対しての挨拶状、メールの文章、スピーチのコツなどについてご説明します。

転勤時の挨拶状・メールの参考例文

挨拶はできる限り直接行うべきですが、どうしても会うことができないこともあります。

そんな時は手紙やメールを使って、相手に感謝の気持ちや、これからお世話になることへの思いを伝えましょう。

今まで所属していた部署への挨拶

今まで所属していた部署へのお礼の文章です。

メールによる挨拶例文(今までの部署)

異動のご挨拶

〇〇部の皆様

お疲れさまです。〇〇部の【氏名】です。
〇月〇日付で〇〇部へ異動することになりましたので、ご報告申し上げます。

〇〇部在職中は、大変お世話になりました。
〇〇部では〇〇の業務を担当しますが、〇〇部で培った経験を活かし、精進してまいります。

今後もご一緒に仕事をする機会があるかと思います。
部署は変わりますが、今後ともよろしくお願いいたします。

本来であればご挨拶に伺うべきところ、メールにて失礼させていただきますこと、お許しください。

手紙(挨拶状)による例文

これまでお世話になった人には上記のような、挨拶状を出すと丁寧で良い印象を与えることができます。

異動先の部署への挨拶例文

今後お世話になる新しい部署の人への挨拶になります。

メールによる挨拶例文(これからの部署)

着任のご挨拶

〇〇部各位

お疲れ様です。
この度、異動により、〇月〇日付けで〇〇部に着任いたします、【氏名】です。
よろしくお願いいたします。

〇〇部での仕事に早く慣れ、業務に邁進してまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

緊急の連絡先は以下のようになりますので、着任前にご用件などございましたら、ご連絡ください。
(電話番号やメールアドレス)

社外向けへの挨拶例文

お世話になった社外の人に向けた文章です。

メールによる挨拶例文(社外)

人事異動のご報告

株式会社〇〇
〇〇様

いつもお世話になっております。
株式会社〇〇の(氏名)でございます。

私事ですが、〇月〇日付で〇〇部へ異動になりましたので、ご報告申し上げます。
後任は、(後任者の名前)が担当させていただきます。
万全の引き継ぎをいたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

(後任担当者の連絡先)

本来なら直接、お会いしてご挨拶すべきところを、メールにて恐縮ですが、ご挨拶といたします。
新しい部署では、気持ちを新たに全力を尽くして参ります。
今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

メールでの挨拶の注意点

メールで挨拶をする場合、できるだけ一斉送信は止めましょう。

同じ内容でも各位ではなく、それぞれの宛名を書いて送付する方が丁寧です。

やむを得なく一斉送信をする場合は、「本来であればお一人ずつご挨拶するべきところ、一斉送信でのご連絡となりますことをお詫び申し上げます。」と一文を付け加えるといいでしょう。

また、メールの文面にはネガティブな内容は書かないようにしましょう。

挨拶文は皆様への感謝や、今後のお願いなどが目的になります。

スピーチでの挨拶

転勤などで異動になる場合は、元々所属していた部署や、これから所属する部署の人たちの前でスピーチをする機会があるはずです。

今まで所属していた部署と、新しく所属になる部署での挨拶のコツは以下の通りです。

今まで所属していた部署でのスピーチ

お世話になった部署へのスピーチは、思い出深いエピソードを盛り込んで話すといいでしょう。

みんなの心に残ります。

ただ簡潔にまとめないと話がダラダラと長くなり、内容も分かりづらくなるので注意しましょう。

また、異動になる日付・感謝の気持ち・今後の抱負も忘れないようにしてください。

最後に今後とも良い関係でいたいという旨も付け加えると、好印象のスピーチになります。

新しく所属する部署でのスピーチ                                                                                                                                     

新しい部署でのスピーチは、笑顔で明るく親しみやすい雰囲気で挨拶することが重要です。

どのような立場で異動になるかは関係なく、初めて会う人はあなたのことを警戒しています。

これから一緒に良い仕事をしていくために、笑顔で明るく親しみやすい雰囲気を出してスピーチしましょう。

また、自分の経歴についても話すようにしてください。

会社での経歴(社歴や在籍した部署)だけではなく、趣味や家族のことなどパーソナルな部分を話すと、新しい部署の人たちとの距離が一気に縮まるかもしれません。

最後に

挨拶状でもメールでもスピーチでも、異動する場合は連絡事項としてではなく、今までの感謝をしっかり相手に伝えましょう。

転勤の場合は仕事以外での準備が多いので、挨拶は忘れがちになってしまいますが、今までお世話になった人に感謝を伝えるのは大切です。

しっかり感謝を伝えて、気持ちよく送り出してもらえば、次の部署での仕事も気持ちよくできるはずです。

この記事が参考になったのであればあれば幸いです。

>>>転勤族が感じるあるある10選

転勤と異動の違いは?栄転(出世)と左遷の見極め方 異動と転勤の意味の違いはご存じでしょうか。 辞令が出た時に使われる言葉ので、ある程度知っている人も多いと思います。 ただこ...