転勤

転勤の引越し準備|期間別の5つのステップとすぐにやること

転勤が決まると、早速取り掛からなくてはいけないのが引越しの準備です。

初めての転勤だと、辞令から引越しまで、どのように動けばいいかわからないこともあります。

そこでこの記事では、転勤による引越しを複数回経験した観点から、引っ越しの準備を期間別に5つのステップにまとめました。

転勤で引越しするときの参考にしてください。

引越しの準備期間別5つステップ

転勤の辞令から引越しまでの時間はあまりありません。

短い時間の中で引っ越しの準備をするのはかなり大変なので、日にちごとに区切ってやることを明確にしていきましょう。

転勤が決まった時すぐにやること

転勤が決まったらすぐやることは以下の通りです。

新居探し

転勤の辞令が出たら、会社に新居を探す日を相談して、転居先の不動産会社にアポイントを取り、現地で新居を探します。

先に条件を電話で伝えておくと、当日不動産会社が条件に合った物件を用意してくれているので時間短縮ができます。

退去手続き

今住んでいる住宅の退去を進めます。

賃貸物件であれば、1カ月前に退去の連絡を入れるのが一般的になります。

持ち家の場合は、貸し出すか売るかの判断が必要です。

>>>転勤族マイホームは貸すべき?可能性がある人の家を買うタイミングは?

引越し業者を決める

会社が引越し業者を決めて手配してくれる場合もありますが、自分で引っ越し業者を探すのが一般的です。

引越し業者を決めるには見積もり一括サイトなどを利用して、できるだけ安いところを探しましょう。

引越しがネット予約できるようになりました
日にちを選んで料金もらくらく比較!
引越し侍の予約サービス

粗大ごみ廃棄

転勤先に持っていかない家具など大きなごみは、地域の回収日に合わせて予約を入れ、持って行ってもらいしましょう。

地域の回収は、廃棄業者に頼むよりも格安ですが、月に1回の地域もあるので注意してください。

転校の準備

子供がいる場合は、学校の転校の手続きが必要になります。

現在通っている学校に転校届を提出し、在学証明証と教科書給付証明証の発行をしてもらいましょう。

1週間前までにやること

転勤までの時間がいよいよ無くなってくるので、残りの手続きを忘れずに行いましょう。

役所での転出の手続き

住民票を異動するために、転出届を提出し転出証明証を発行してもらいます。

同時に、印鑑証明廃止届の提出も行います。

>>>単身赴任で住民票を移さないメリットとデメリットは?手続き方法は?

電気・ガス・水道・インターネット・新聞・固定電話等の解約

月単位で契約していたものの解約手続きを急ぎましょう。

転勤後に払い続けることがないように、退去日に合わせて手続きしてください。

火災保険・生命保険・自動車保険、クレジットカード等の住所変更

保険やクレジットカードの住所変更もこの時期にやっておきましょう。

前日までにやること

ある程度準備は進んでいる段階ですが、最後にやっておくことです。

郵便物の転居手続き

郵便の転居手続きを行わないと、郵便物が現在住んでいる住所に送られ続けてしまいます。

必要な書類が届かなくならないように、郵便の手続きを行ってください。

NHKの転居手続き

テレビを持っている人は、受信契約の住所変更手続きを行ってください。

荷造り

前日までには日用品と、当日の衣類を除く全てものも荷造りが終わっている状態にしましょう。

引越しで一番時間がかかる部分なので、段ボール等の用意で来たら、少しづつでも取り掛かるようにしてください。

当日やること

当日にやることはほとんどありませんが、忘れ物等のチェックは必ずしてください。

ガスの立ち合い

ガス停止の立ち合いは、引越し業者が来る前に調整をして来てもらいましょう。

引っ越し作業

引越し業者に家財の引き渡しを行います。

引っ越し後にやること

引越し後もまだ手続きが残っているので、できるだけ時間をかけすに行いましょう。

役所での転入届手続き

転居先の役所に、14日以内に転入届を提出しましょう。

14日を過ぎると5万円以下の過料が課せられる可能性があります。

また、マイナンバーの住所変更も同じく14日以内で行ってください。

そのほか、印鑑登録の申請も必要です。

転入学の手続き

転入先の学校に在学証明書、教科書給付証明書、転入学通知書を提出しましょう。

運転免許・車検証等の住所変更

運転免許証と車庫証明の住所変更手続きは、管轄の警察で行ってください。

車検証の住所変更手続きは、15日以内に運輸支局で行う必要があります。

>>>カーリースを転勤族におすすめする3つの理由

まとめ

転勤が決まったら期間別にやることをまとめると以下の通りです。

転勤が決まった時すぐにやること

  • 新居探し
  • 退去手続き
  • 引越し業者を決める
  • 粗大ごみ廃棄
  • 転校の準備

1週間前までにやること

  • 役所での転出の手続き
  • 電気・ガス・水道・インターネット・新聞・固定電話等の解約
  • 火災保険・生命保険・自動車保険、クレジットカード等の住所変更

前日までにやること

  • 郵便物の転居手続き
  • NHKの転居手続き
  • 荷造り

当日やること

  • ガスの立ち合い
  • 引っ越し作業

引っ越し後にやること

  • 役所での転入届手続き
  • 転入学の手続き
  • 運転免許・車検証等の住所変更

転勤があると引越しや、お金の問題など心労が絶えません。

少しでも楽になるように、この記事を活用して早めに準備してください。

引越し業者の選定や各種手続きは、ネットでも出来るので、手間のかからない方法で早めに終わらせましょう。

この記事が参考になったのであればあれば幸いです。

引越しがネット予約できるようになりました
日にちを選んで料金もらくらく比較!
引越し侍の予約サービス

転勤で引越しをするとき休みはもらえるの?扱いはどうなるの? 転勤が決まって引越しをするまでに、準備期間は何日あれば足りますか? 会社都合での引越しなので、十分な休みをもらって準備したいとい...