転職

今までの経験を活かして年収アップ!ずらし転職とはどんなもの?

転職しても年収が下がってしまっては意味がありません。

転職するなら、今までの経験を活かして年収アップしたいですよね。

しかし、今までと同じ業界で、同じ職種を選んでも、大きな年収アップが望めない場合もあります。

そこでこの記事では、年収アップにつながる軸をずらした転職方法についてご説明します。

転職するときの参考にしてみてください。

ずらし転職とはどんなもの?

私たちの年収は、会社が属している「業界」と、会社の中で自分が行っている「職種」で、ほとんど決まってしまいます。

自分が働いている会社が、業界の中で飛びぬけて給料が高い会社という人はどれくらいいるでしょうか。

同じような商品・サービスを、同じような顧客に販売している業界だとしたら、たぶん他の会社に比べて給料が飛びぬけて高いということはないでしょう。

つまりこれは、同じ業界内で転職しても、収入がほとんど変わらないことを意味しています。

もし自分が働いている業界が低収入な業界なら、同じ業界に転職しても低収入のままということになるのです。

一方で、需要が増え続けている業界に転職した場合はどうでしょうか。

今までの少ない給料から、一気に収入アップなんてことも考えられます。

ただし、未経験の人がいきなり転職して収入アップができるほど、甘くないのも事実です。

そこで使える転職方法が、軸をずらした転職です。

軸をずらした転職がどういうものかというと、「業界」と「職種」のどちらかは今までのままで、もう一方を違うものに変えるという転職方法です。

つまり営業職はそのままで、小売業からメーカーに転職したり、同じ業界のメーカーのまま、営業職から企画部門に転職するといった感じです。

業界と職種で、片足だけ軸を残すイメージになります。

この方法なら今までの経験を生かしたまま、収入アップになる業界や職種にチャレンジすることができます。

ずらし転職のメリット

ずらし転職がどういうものかについては説明しましたが、この転職方法にはどんなメリットがあるか確認していきましょう。

年収アップができる

年収は「業界」と「職種」によってほとんど決まってしまいます。

もし自分が働いている会社が業界シェアNO1でも、会社の売り上げが小さければ年収は少ないままです。

逆に業界シェアが低くても、業界全体の売り上げが大きい場合は、年収が高い場合もあります。

軸をずらした転職は、これらを利用します。

つまり、職種を変えないで業界を変えることで年収アップを狙うのです。

転職をする際にいくら年収を上げたいといっても、未経験の業界・未経験の職種では採用されるのは難しいでしょう。

しかし、職種さえ同じならば、今までの経験を活かして違う業界で活躍することも十分可能です。

ずらし転職の神髄は、自分の経験を半分活かして、年収アップをさせることです。

今を生き抜く多様性

ずらし転職のもう一つのメリットは、経験値が増えることです。

業界をずらしても、職種をずらしても、今までにない経験ができることは明らかです。

今の時代コロナなど予想もできないことが起こります。

終身雇用も数十年前に比べて、あてにできなくなってきています。

一つの会社に居続けても、その会社が定年まで保証してくれるか分からないのです。

その点いくつかの業界、いくつかの職種の経験がある人はある意味つぶしが効きます。

企業目線でも色々な経験をして実績を持っている人の方が、取り柄が一つしかない人よりも採用したいと感じるはずです。

自分の価値を上げる意味でも、軸をずらした転職は有効です。

ずらし転職に不向きな人は

転職で年収アップを望むのであれば、軸をずらした転職は有効です。

しかし、この転職方法に不向きな人もいます。

それは一つの業界でスペシャリストになりたいという人です。

このような人は「業界」「職種」ともに変えることができないので、軸をずらした転職には向いていません。

儲かる業界であれば、自分の専門性を高めることで、転職するごとに収入アップができます。

一方、儲かっていない業界では、何回転職しても収入アップは見込めません。

ただし、自分がその仕事をしていて、やりがいを感じるのであるならば、あえて違う業界や違う職種を選ぶ必要はないでしょう。

収入に関係なく好きなことに向き合えるのは一番の幸せです。

最後に

軸をずらした転職は年収を上げるためには、非常に役立つ方法です。

自分が就職した業界が周りの人と比べて、給料の低い業界ならなおさらです。

また、経験値が上がっていくことで、自分の価値が上がることも忘れてはいけないポイントです。

勝手のわかった仕事の方が良いという人もいますが、未来はどうなるかわからないので、色々な経験をするのもいいのではないでしょうか。

doda

>>>転職で面接をするときに注意すべき見られる2つのポイントはコレ!