転勤

転勤する人への贈り物の相場と時期は?餞別ののし袋はどうするの?

上司や同僚が転勤してしまうのは寂しいですよね。

ただそんな時、お世話になった人には、感謝の気持ちを込めて送り出したいと思うはずです。

しかし贈り物や餞別は、いつ・なにを・どのくらい渡せば良いかわからないという人も多いようです。

そこでこの記事では、転勤する人への贈り物や、餞別の相場や時期、のし袋の書き方についてご説明します。

転勤する人への贈り物の相場と時期は

転勤する人には今までの感謝を込めて、喜ばれるものを送りたいものです。

それでは、どのくらいの金額で、いつ渡すのがよく、どんなマナーがあるのか確認していきましょう。

贈り物の相場と喜ばれるもの

個人で転勤のお祝いをするときの予算は、3,000~5,000円くらいが相場になります。

部署の全員で集める場合は人数によっても変わりますが、1人あたり500円~1,000円くらいで、10,000円~20,000円くらいの贈り物を渡すことが多いようです。

贈り物の定番は花束で、相手によって実用的なものをプレゼントする場合もあります。

男性の場合

転勤する人が男性の場合、転勤先でも使えるネクタイや、名刺入れなどが人気です。

また、高級なボールペンやお酒などを送ることもあります。

基本的に男性の場合は、仕事で使う実用品が喜ばれます。

女性の場合

女性の場合は、実用品だけではなく記念に残るものや、お洒落なものを送ると喜ばれます。

フラワーギフトやマグカップ、ブックカバーなどが人気になっています。

また、男性へのプレゼントと同じように高級なボールペンや、名刺入れなどの実用品をプレゼントするケースも多くあります。

贈り物を渡す時期

転勤する人に贈り物を渡す時期は、出社最終日が一番適しています。

ただし送別会などがあるときは、この時に渡してもいいでしょう。

なかなか会う機会がない場合は、できるだけ最後に合うときに渡すようにしてください。

もしも次に会うタイミングがわからなければ、転勤を知った時から1~2週間以内に渡すようにしましょう。

餞別(せんべつ)の相場と熨斗(のし)の書き方

転勤する人に、贈り物を渡す場合もありますが、餞別としてお金を渡す場合もあります。

餞別は基本的に新しいお金を使うのが良いとされているので、綺麗なお金を使って節度のある金額を渡すようにしましょう。

餞別の相場

餞別で渡す金額の相場は、10,000円以内が基本です。

同僚に渡すのであれば3,000~5,000円、上司から部下に渡すのであれば5,000円~10,000円です。

あまり多く渡すと、もらった側も気が引けてしまうので、多くても10,000円までにしましょう。

みんなでまとめる場合は、ひとりひとりの金額を少なくして、合計があまり多くならないようにしてください。

もしお金が集まりすぎた場合は、ギフトなど贈り物を追加しましょう。

熨斗(のし)袋の書き方

餞別の品を送るときののし袋は、紅白の蝶結びの水引を使うのが基本です。

蝶結びは、何度でも結びなおせることから「何度あってもいい」という意味でお祝いごとに使われます。

転勤はお祝いという形で送り出すものなので、紅白の蝶結びの水引を使うのがマナーになります。

表書き

のし袋の書き方は、相手によって変えましょう。

上司や目上の人に対して個人で送る場合、「御餞別」は失礼にあたるので、「おはなむけ」や「御礼」という表書きにしてください。

同僚に渡す場合には「御餞別」でも「おはなむけ」でもかまいません。

また、部署で集めた場合は、個人ではないので「御餞別」を使っても大丈夫です。

中袋と裏書

金額はのし袋の中にある中袋に、漢数字で書くのがマナーです。

壱・弐・参などの漢数字を使って、「金〇〇円也」と明記しましょう。

10,000円を渡す場合には「金壱万円也」になります。

また、中袋の裏には自分の名前と住所を書きましょう。

個人ではなく部署全体で餞別を集めた場合は、別紙に餞別を出した人の名前と住所を書いて、のし袋の中に入れましょう。

最後に

上司や同僚が転勤してしまうのは寂しいですが、新天地で頑張ってもらいたいという思いと、今までの感謝の気持ちを込めて贈り物や餞別を渡しましょう。

贈り物にしても餞別にしてもマナーがあるので、失礼にならないようにマナーを守って渡すようにしましょう。

きっとあなたの感謝の気持ちが、相手に届くはずです。

この記事で良い転勤祝いができたのであれば幸いです。

単身赴任での必需品は?最低限の準備に必要なものはコレ! 「初めての転勤で何が必要かわからない」「最低限必要なものは何?」 単身赴任で、何が必要かわからず困ることはありませんか? ...