転勤

転勤で子供にどのような影響がある?いつまで一緒についてくる?

転勤が決まった時に考えるのが、家族と一緒に転勤するか、単身赴任で転勤するかです。

とくに子供のことを考えると、どちらが良いのか悩みますよね。

そこでこの記事では、転勤することでの子供への影響と、一般的にいつまで転勤に連れて行くものかについてご説明します。

家族と一緒に転勤するか、単身赴任にするか悩んだ時の参考にしてください。

子供への影響のメリットとデメリット

家族帯同で転勤した場合、子供は今の学校から新しい学校に転校をしなくてはいけません。

大人でも環境が変わると、色々な変化に戸惑ってしまいますが、子供の場合はどのような影響が出るのでしょうか。

子供へのメリット

家族で転勤すると、子供に良い影響が出ることがあります。

転勤して良かったと思えることはつぎの通りです。

順応性が高くなる

子供は新しい学校に転校することで、新しい友達とコミュニケーションを取ろうとします。

どうしたらうまくやっていけるかなど、自分で考えて環境に適応していきます。

その結果、知らない人とコミュニケーションをとる能力が自然に身についていくのです。

さらに、海外に転勤した場合は、外国語が自然に身に付くというメリットもあります。

外国の友達とコミュニケーションをとることによって、言語や外国の習慣などを自然に吸収することができるようになります。

家族全員と一緒に過ごせる

単身赴任ではなく家族帯同を選ぶことで、子供は家族と一緒に多くの時間を過ごせるようになります。

子供の成長過程で、父親がどんな存在でどんな役割かを感じていくことは子供の人間形成に大きく影響します。

また休日に一緒に出掛けて、良い思い出をたくさん作ることができるメリットもあります。

子供へのデメリット

転勤は子供にとってメリットばかりではありません。

ストレスを感じてしまうこともあるので、親ができるだけケアしてあげましょう。

友達との別れ

時間がたてば解決しますが、仲が良かった友達との別れは子供にとってつらいものです。

一緒にいて一番楽しかった友達と会えないのはストレスになります。

馴染むまでに時間がかかる

新しい学校に転校すると、周りは知らない人ばかりです。

知らない人の中に馴染むのは、人によってはかなり時間がかかります。

また転校生ということで、いじめられるケースもあり、周囲に全く馴染めなくなってしまうことも考えられます。

以前までとの環境の違いで、孤独によるストレスを感じてしまうこともあるのです。

授業の進み具合の違い

デメリットになるのは、人間関係だけではなく勉強の部分もです。

今までの学校と新しい学校で、授業の進み具合が違うと子供には大きな負担がかかります。

今までいた学校の方が、授業の進み具合が早ければ問題はありませんが、新しい学校の方が進み具合が早かった場合は勉強に追い付かなくなる可能性があります。

周りの子供との学力の差も、子供にとってのストレスになってしまいます。

子供はいつまで一緒についてくるの?

子供が転勤についてきてくれるのは、小学校くらいまでと考えていた方が良いでしょう。

中学生になると、親よりも友達の方が大切と感じるようになり帯同は難しくなりますす。

そのため、ほとんどの家庭で子供が中学になったら帯同はしなくなります。

中学生の子供と帯同するにしても、限界は中学1年生か2年生くらいまでです。

中学校3年になってしまうと、高校受験があり志望校を転勤した地域に変えるのが大変だからです。

単身赴任はつらいですが、子供についてきてもらうのは子供が小さいころまでと認識しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

家族帯同で転勤した場合、子供への影響は気になるところです。

子供は転校することで、良い影響も悪い影響もあるのでそれを考慮して家族で転勤するか単身赴任にするかを決めましょう。

子供が転勤について行くメリットとしては、順応性が高くなることと、家族全員が一緒に暮らせることです。

一方デメリットとしては、友達との別れ・馴染むまでの時間・授業の進み具合などがあります

子供がついてくるのは小学生までと考えていた方が良いので、転勤するときはこれらを考慮して、一番良い選択を家族全員で出してください。

マイホームは貸すべき?転勤族が家を買うタイミングは? 「家を買ったばかりなのに、転勤が決まってしまった」「転勤になる可能性があるから家を買うか悩んでいる」など、転勤と家のことで悩むことはあ...