転勤

【注意】転勤で感じる辛い5つのストレス

「転勤はこの先もしたくない」

「同僚が転勤してしまい、次は自分の番かもしれなくて怖い」

など転勤について考えることはないでしょうか?

現在の勤務地以外に、事業所を持っている会社で働いているなら、残念ながらだれにでも転勤の可能性はあります。

しかも、転勤は良いことばかりではなく、転勤して後悔することもたくさんあります。

とくに転勤すると、大きなストレスを感じることもあります。

そこでこの記事では、片道切符の転勤を10年以上経験した観点から、転勤で感じる辛い5つのストレスについてご説明します。

転勤で悩んでいるのであればぜひ参考にしてください。

転勤で感じる辛い5つのストレス

転勤をすることによって、精神的・肉体的にストレスを感じることがあります。

特に初めから転勤したくないと思っていた人には、地元にいる時よりもストレスを感じやすくなる可能性があります。

地元に戻れない

転勤でのストレスの1つ目は、転勤先から地元に戻れないというストレスです。

たいていの場合、転勤は期限が決められていません。

自分では、いつ地元に帰れるかは全く分からないのです。

ひどい場合には、転勤を複数回繰り返して、何十年も地元に帰れない場合があります。

また長い期間、転勤先に勤務していると、そこにいるのが当たり前のように会社が扱うようになり、元に戻るのが困難になる場合もあります。

そのほかにも、空きのポストがないなどの理由で戻ることができないこともあるのです。

転勤を受け入れてしまった場合、何年も戻れない状況が続くので、大変なストレスになります。

コミュニケーション不足になる

独身や単身で転勤をした人は、人との会話が減り、ストレスが発散ができなくなります。

社交的な人は転勤先の地域でも、友人を作ってうまく生活ができますが、そうでない人は職場以外での会話がほとんどなくなります。

とくに業務のない休日は、一言も会話をしないで過ごすことも増えます。

悩み事を相談できる人が身近にいないため、極度にストレスが貯まり、自律神経が影響を受けることもあります。

食事が原因で体調不良になる

独身者や単身者は、食事のバランスが悪く体調不良になることがあります。

自分の好きなものばかり食べるようになり、家族と一緒にいた時のようなバランスのいい食事が摂れず、体調が悪くなることがあるのです。

お酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎなども体を壊す要因になります。

妻のストレスがたまる

家族で転勤した場合に多いのが、妻がストレスを貯め体調不良になるケースです。

家族で転勤をすると、奥さんが大きなストレスを抱えることはよくあります。

これは奥さんと普段コミュニケーションをとれる友人が近くにいないことが要因の一つになってます。

夫は昼間職場で、仲間とコミュニケーションをとることができますが、奥さんは新天地で友達もなく一人きりとなることが多いのです。

そのため、奥さんはストレスを貯めてしまうことが多くなります。

奥さんが体調を崩すと、最終的には奥さんのために、退職をしなければいけなくなるかもしれません。

家族と一緒に転勤したときは、自分以上に奥さんが重要ということを覚えておきましょう。

地元でのUターン就職がしにくい

転勤がどうしてもなじめない時は、転職を決断することがあります。

ただし、転勤先の地域から地元での就職がしにくいのがストレスになります。

収入が途絶えることへの不安な気持ちと、仕事を辞めたい気持ちで板挟みになり、大きなストレスがかかってしまいます。

転勤先でのストレスを解決するには

転勤先でのストレスを解決する方法は、ズバリ退職して地元で転職することです。

なぜならストレスの多くが、転勤先にいることで起こっているからです。

一人で転勤していても、家族で転勤していても、地元にいたら無かったストレスが肉体的・精神的にかかっています。

これを解決するには地元に戻って仕事するほかにありません。

実際、退職して地元で新しい仕事に就いた人は、以前よりも生き生きとしています。

もちらん、転職自体ストレスを伴うものですが、家族や友人と大切な時間を過ごせるのは、ストレスの解消にもつながります。

転勤先から地元での職探しが難しいのであれば、転職エージェントを使って全国の求人情報を教えてもらいましょう。

転職エージェントなら、書類対策や面接対策、面接日の調整までしてくれるので、どこからでも仕事を探すことができます。

仕事を辞めて転職することがすべてではありませんが、間違いなく退職することが一番のストレスの解決につながります。

>>>【転勤族必見】地元に戻るための転職サービス3選

転勤は良いこともある

転勤はマイナスなことばかりではありません。

転勤自体は良いこともあります。

転勤になるということは、会社に成長してもらいたい社員と思われている可能性があります。

また、将来会社を引っ張っていくリーダーになってもらいたいと思われているかもしれません。

一概には言えませんが、ポジティブに考えれば出世コースとも言えます。

また、いろいろな地域で生活することで見聞を広めることができます。

これは人生にとっていい経験になります。

大切な人と共有できる時間が減らないのであれば、転勤は悪いことばかりではありません。

最後に

転勤をしたくない人にとって、新天地での仕事は大きなストレスになります。

  • 地元に戻れない
  • コミュニケーション不足になる
  • 食事が原因で体調不良になる
  • 妻のストレスが貯まる
  • 地元でのUターン就職がしにくい

以上のようなストレスがある場合には、早めに次の手を打った方が、楽しい人生を送ることができます。

また、転職エージェントなどを利用すれば転職も比較的しやすくなるので、どうしてもという場合は利用してみてください。

この記事で人生のいい選択ができたのであれば幸いです。

公式サイトを見る→doda

doda

転勤先でうつ病|休職するとどうなる?手順と注意点 「転勤がきっかけで体調を崩した」 「最近、悩んで眠れないことが多い」など転勤先で、心と体の不調に悩んでいませんか? その体...