転勤

転勤期間は何年ごとで平均はどれくらい?いつになったら戻れるの?

「転勤の期間ってどれくらい?」

「いつになったら戻れるの?」

転勤を言い渡されたとき、どれくらいの期間の転勤なのか、気になる人は多いのでははないでしょうか。

しかし、ほとんどの場合、転勤の期間は自分ではわかりません。

ただ転勤に関する調査結果から、転勤の平均期間を知ることはできます。

そこでこの記事では、転勤の平均期間についてまとめました。

転勤期間が気になる人は参考にしてください。

転勤期間は何年ごとで平均はどれくらい

各地に事業所や工場がある会社であれば、どんな会社でも転勤の可能性はがあります。

しかし、期間や回数はそれぞれの会社によって大きく異なっています。

そのため全体の平均については、調査データをもとに見ていく必要があります。

以下は、独立行政法人労働政策研究・研修機構の2017年の一般的な企業の転勤有無に関する調査結果になっています。

転勤の状況
正社員(総合職)のほとんどが転勤の可能性がある33.7%
正社員(総合職)でも転勤をする者の範囲は限られている27.5%
転勤はほとんどない(転勤が必要な事業所がない)27.1%
無回答11.8%

この調査を見る限り、無回答を抜かしても60%の会社で転勤があることがわかります。

人事異動の頻度は何年ごとか

人事異動の頻度が何年ごとであることが多いか%
1 年未満6.5%
1 年12.9%
2 年5%
3 年25%
4 年5.2%
5 年18.8%
6 ~10年未満14.6%
10年以上5.9%
無回答3.1%

こちらも労働政策研究・研修機構の調査ですが、転勤の頻度は1年・3年・5年・6年~10年未満という企業が多いようです。

この調査結果は転勤による人事異動なので、転勤先から別の場所への転勤という場合も入っています。

したがってこの表だけでは、何年後に元の場所に戻れるかまではわからないことになります。

転勤に関するルールはあるか

転勤の人事異動の頻度は、1年・3年・5年・6年~10年ごとの企業が多いというのはわかりましたが、実際転勤のルールがある企業はどれくらいあるのでしょうか。

同調査での転勤に関するルールの規定は、「定めていない」とする企業が 76.4%、「明文化して定めている」が 11.6%、「明文化していないが運用上ルールがある」が 10.1%となっています。

転勤にルールを設けている企業のルール内容は以下の通りです。

転勤に関するルールの内容%
転勤の期間(長さ)53.2%
転勤する地域・ブロック28.4%
転勤の時期(年齢、勤続年数、役職など)25.1%
その他26.4%
無回答2%

転勤先からいつ戻れるの?

一度転勤になったら自分では、いつ戻れるかはわかりません。

最初から期間を言い渡されていれば、その期間内で戻ることはできますが、それ以外の場合は何年で戻れるかは会社次第になります。

労働政策研究・研修機構の赴任期間(「現在転勤中」及び無回答を集計から除く)の調査では、「2年程度」( 21.6%)、「3年程度」(19.6%)、「1年程度」(14.9%)、「1年未満」(14.3%)になっています。

直近の転勤経験での赴任期間
1年未満14.3%
1年程度14.9%
2年程度21.6%
3年程度19.6%
4年程度9.5%
5年程度8.5%
6年以上11.7%

この調査でもわかるように、赴任期間が6年以上のケースも11%あります。

そのため、転勤したらそのまま10年以上戻れない可能性も十分考えられます。

転勤先から戻るには

転勤先から戻るには、実際のところあまり方法はありません。

というのも、転勤先で申し分ない成績を上げても、確実に戻れるとは言えないからです。

家族に何かがあって、どうしても戻らなければいけない場合を除いて、異動願いを出しても戻れるかどうかはわかりません。

そのため、もしどうしても転勤先から戻りたいのであれば、転職するしかないかもしれません。

会社の都合と自分の都合は必ずしも一致しません。

会社に期待して待っていても、何年も時間が無駄になるかもしれないので、転勤が嫌なら早めに違う道を探すことをおすすめします。

1年様子を見ても、3年様子を見ても希望したところに戻れる保証はないので、できるだけ早く動いたほうがいいでしょう。

>>>転勤先からのUターン就職なら転職エージェントがおすすめの理由

まとめ

転勤の実態調査でもわかるように、正社員であれば転勤になる可能性は60パーセント以上あります。

転勤になれば、調査上は3年から5年は転勤先から戻ることはできません。

会社にもよりますが、もっと長いスパンでの転勤もあるので、もし早く戻りたいと考えているのであれば、仕事を辞めることも視野に入れなければいけません。

転勤がどうしても嫌なら、一度会社に相談しましょう。

それでもだめなら転職なども考えましょう。

【転勤制度】会社と社員のメリットとデメリットは? 終身雇用制度が崩れ、企業が欧米化する今だからこそ、日本にしかない転勤制度について、本当に必要か考えなければいけない時なのかもしれません...