転勤

転勤先でうつ病|休職するとどうなる?手順と注意点

「転勤がきっかけで体調を崩した」

「最近、悩んで眠れないことが多い」など転勤先で、心と体の不調に悩んでいませんか?

その体調不良がうつ病によるものなら、早めに手を打たなければいけません。

うつ病になると、自分でも気づかないうちに、症状を悪化させてしまうこともあります。

そのため、もしうつ病になってしまったら、休職を考えなければいけなかもしれません。

そこでこの記事では、休職するとどうなるか、どのような手順で休職すればいいのか、注意することは何かについてご説明します。

休職するとどうなるの?

休職は会社に籍を残したまま仕事を休んでいる状態です。

この期間は仕事をしていないので、当然給料やボーナスの支給を受けることはできません。

休んでいても給料がもらえる有給休暇とは違うので、間違えないようにしましょう。

休職の期間はどれくらい?

休職の期間は法律によって定められているものではなく、それぞれの会社が独自に決めているものです。

そのため、何日間という決まった期限は存在していません。

会社によって3カ月くらいしかないところから、3年くらいあるところまで様々です。

もし休職期間がわからない時は、会社の就業規則を見てください。

どれくらいの期間休職ができるかが記載されています。

ただし、休職期間が勤続年数によって変わるところもあるので、実際に休職するときには総務に確認したほうがいいでしょう。

税金と保険料の支払い

私たちは普段、所得税・住民税・厚生年金・健康保険を引かれて状態で、給料を受け取っています。

しかし、休職によって給料が無くなってしまうと、これらを支払うことができなくなります。

そのため休職中に会社が、税金や保険料の立て替えをしてくれることがあります。

仕事をしていなくても、住民税・厚生年金保険料・健康保険料を、会社が一時的に立て替えて支払ってくれるのです。

収入がない状態では非常に助かる仕組みですが、注意しなければいけないこともあります。

それは会社に復帰したときに、立て替え分をすべて自分の給料から返済しなければいけないという点です。

休職期間が長いと、立て替え金額が相当な額になっていることがあります。

休職中は税金や保険料を自分で払うこともできるので、あとで困らないように、先に会社に相談しておくといいでしょう。

休職の手順

休職の申請をするためには、まず会社の休職制度の確認をしなければいけません。

休職ができない会社であれば、退職をするしかなくなってしまうので、就業規則を確認してから準備に取り掛かりましょう。

診断書の提出

うつ病で休職するのであれば、医師に診断書を書いてもらう必要があります。

診断書があれば、傷病休職として扱われます。

今の仕事を継続できるか、できない場合どのくらい休めばいいかなど医師に診断し、その結果を診断書として書いてもらい、会社に提出します。

診断書の内容を会社と話し合い、休職日数が決まります。

診断書を提出する人は、直属の上司がいいでしょう。

自分がいない間も、仕事復帰してからも、一番お世話になる人に自分の状態と休職したい旨を伝えましょう。

直属の上司に真っ先に話しておけば、復帰してからも仕事うまく回るようになります。

必要書類の提出

休職が決まったら、休職届を提出しましょう。

一般的には休職届と診断書を提出すれば、会社の手続きは完了します。

ただし、会社にはそれぞれのルールがあるため、会社のルールに従って書類を提出しましょう。

また、税金や保険料の支払いのことも併せて確認するようにしてください。

転勤先での休職の注意点

転勤先でうつ病になった場合、休職が最も良い手段とは言えない可能性もあります。

うつ病で休職した人の多くが復帰した後、しばらくして会社を辞めています。

もし、転勤先でうつ病になって、また同じ場所に戻るのであれば、その環境に耐えるのは難しいかもしれません。

もちろん、転勤先から異動させてもらえるケースもありますが、絶対に異動できるとは限りません。

また、単身赴任で転勤をしていた場合、治療後にまた単身赴任を繰り返すのはリスクがあります。

そのため、転勤先でうつ病になった場合は、退職するという選択も考慮しましょう。

うつ病の原因が今の職場にあるなら、なおさら退職したほうが良いかもしれません。

うつ病が完治した後の再就職が不安ならば、転職をサポートしてくれる転職エージェントなどを利用してください。

自分の状態も聞いてもらったうえで、就職先を紹介してもらえます。

最後に

転勤で心のバランスが崩れることはよくあります。

仕事でも日常生活でも以前と違う環境で、ストレスが多くなるので、心と体が不調になりやすくなります。

心と体のバランスがおかしくなり、うつ病になったら、すぐに休職や退職に踏み切ってください。

休職も退職も一時的に収入は無くなってしまいますが、まずは体を優先しましょう。

休職する場合は、どのくらいの期間休職できるのか就業規則などを確認したうえで、医師の診断書を会社に提出してください。

転勤先での休職は何かと不便があるので、退職するということも選択肢に考慮しておくといいでしょう。

【注意】転勤で感じる辛い5つのストレス 「転勤はこの先もしたくない」 「同僚が転勤してしまい、次は自分の番かもしれなくて怖い」 など転勤について考えることはないで...