退職方法

転勤で退職するときの切り出し方・伝え方は?

転勤の辞令が出て退職を決意したときや、転勤先で退職を決めた時、誰にどのように退職の意志を伝えればいいかご存じですか?

円満に会社を辞めるためにも、誰にどのような形で退職を伝えるかはとても重要です。

そこでこの記事では、退職するときの切り出し方や伝え方、注意しなければいけないポイントについてご説明します。

退職するときの参考にしてください。

転勤で退職するときの切り出し方・伝え方

退職するときの切り出し方・伝え方には、ある程度セオリーみたいなものがあります。

退職するときは、会社に対して何か思うことがあるかもしれませんが、大人の振る舞いとしてセオリー通りに退職の意志を伝えましょう。

退職は誰に伝えればいいの?

退職は直属の上司に伝えるのがセオリーです。

できれば、初めから総務などの人事部門に伝えるのは止めましょう。

上司に退職を伝える時は、できるだけ時間をもらうようにして、簡単に済ませるのではなく自分の意思をしっかり伝えてください。

いつ退職を伝えればいいの?

退職を伝える時期は、会社を辞める1カ月以上前にしましょう。

会社を辞める時に重要になるのが、仕事の引継ぎです。

引継ぎを行う人が決まって、実際に引継ぎを行うのに1カ月では足りない場合もあるので、そこを考慮して退職時期を決めましょう。

また、会社の繁忙期は避けるようにしましょう。

退職の切り出し方

退職するときの切り出し方は、「辞めることを決めている」という言葉を入れるのがポイントです。

たとえば、「大変申し訳ございません。会社を辞めることに決めました。今までありがとうございます。」などです。

「辞めることを決めている」ではなく、「辞めることを悩んでいる」では、退職ではなく相談になってしまうので、必ず辞めることを決めている旨は伝えるようにしましょう。

また、最初に「何月までに」などの時期を言う必要はありません。

上司から何で辞めるのか、いつ辞めるのかという質問が必ず来るので、その時に答えるようにしてください。

退職理由の説明

転勤が理由で退職を決意したなら、隠すことなく転勤が理由だということだけを伝えましょう。

退職するとき、会社の文句を言って辞めるのはNGです。

気に入らないことがあるから辞めるというのはわかりますが、文句や悪口を言って辞めるのは大人の振る舞いではありません。

ですので、退職するときは本心は隠しても、綺麗に辞めることをおすすめします。

理由が転勤の場合は、会社に対する不満でも悪口でもないので、なぜ退職するか聞かれたら転勤が理由ですと答えましょう。

転勤によって家族と別々に暮らすのが不可能とか、親が心配だとか、転勤できないそれぞれの事情があるので、辞めるという理由としては十分に成立します。

転勤で退職するときの注意点

退職するときの切り出し方や伝え方ついては上記の通りですが、退職の報告での注意点もあります。

退職の報告をするときには、順序と準備をしっかり行い、どのような場面でも対処できるようにしましょう。

引き止めに会ったら

退職の報告をすると引き止められることがあります。

単なる引き止めの場合、状況は何も変わらないので選択の余地はありません。

しかし会社によっては、転勤をやめるとか、転勤先から戻してあげるなど、退職の原因を取り除いてくれる引き止めもあります。

この場合は、どう対処するかは事前に決めておいた方がいいでしょう。

ただし、退職の原因を排除してくれるようなケースは少ないので、期待はしないで対処法のみ考えましょう。

会社の仲間への報告

退職の決心がついても、同僚への報告はすぐに行わず、会社に受理されてから行いましょう。

同僚から噂が広まり、会社の正規の流れではないところから退職の話が出てきてしまうのは、あまりいいことではありません。

できるだけ退職が承認されるまで同僚への報告は待ちましょう。

退職願い・退職届の提出

退職願や退職届は、最初の報告の時には必要ありません。

会社が必要な時は、退職届を書くように指示があります。

会社によっては、退職に必要な書類が用意されているところもあるので、指示をされてから書けばいいでしょう。

>>>【転勤で退職する人へ】辞める前にすることと退職届の書き方

まとめ

退職するときは直属の上司に、辞める数カ月前に報告するのがセオリーです。

その時に、辞めることを決意している旨を伝え、理由もしっかり伝えましょう。

退職を伝えると、会社から引き止められるケースもあります。

引き止められた時のために、受け入れられる範囲は初めから決めておくといいでしょう。

ただし、すでに次の仕事が決まっている人は、引き止めを受け入れないようにしてください。

また、退職の報告をすると、退職までに今の仕事を誰かに引き継がなくてはいけなくなります。

引継ぎだけはしっかり行い、残った人たちに迷惑をかけないようにしましょう。

退職するときに一番重要なのは、立つ鳥跡を濁さずです。