転勤

転勤を断ると出世できない?クビになるって本当?

転勤を断ると、出世ができなくなるとか、クビになるとかという話はよく聞きます。

転勤がある会社に勤めていれば、今後のことも考え、どんなペナルティーがあるかは知りたいところですよね。

実際、命令に従わない社員にペナルティーを与える会社は数多くはあります。

しかし、どのようなペナルティーがあるかは会社によって異なります。

そこでこの記事では、転勤を断った場合、一般的にどうな処分があるかについてご説明します。

転勤を断ると出世できない?クビになるって本当?

残念なことに、転勤はしたくなくても、転勤命令は出てしまいます。

そんな時、転勤を断ることができるのか、断ったらどうなってしまうのかを確認していきましょう。

転勤を断れるケース

転勤を断っても大丈夫なケースがあります。

以下のケースでは、転勤を断ってもクビになることはまずありません。

転勤の命令権がない

就業規則に転勤の記載がない場合や、勤務地限定の記載がある場合は、正当な理由として転勤を拒否することができます。

とくに入社するときに転勤がないと聞いている人は、就業規則や契約書を確認してみましょう。

地域限定の契約になっているかもしれません。

しかし、口約束で転勤がないと聞いている場合は、この理由で転勤を拒否することは難しくなります。

深刻な家庭の事情がある

親の介護が必要な場合や、家族が重い病気を患っていて家を離れることができない場合は、転勤拒否ができる可能性があります。

自分のサポートが家族に必要な場合は、家庭の事情を会社に伝えましょう。

口頭の説明では承認されないようであれば、家族の病気の診断書などを提出し、転勤ができない旨を会社に訴えていきましょう。

理由が通れば、転勤を回避することができます。

しかし、家を離れることに支障がないと判断された場合は、転勤の回避はできません。

権利の濫用がある

業務上の必要性に比べて、転勤による不利益が著しく大きい場合や、不当な動機・目的が認められる場合は、権利の濫用とみなされ転勤回避ができるかもしれません。

嫌がらせや報復人事などは即座に、労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談してください。

不当な人事異動として、転勤がなくなる可能性があります。

また、前述の家族を介護しなければいけない状態での転勤命令も、権利の濫用にあたる場合があります。

正当な理由がない時に転勤を断るとどうなる?

転勤の命令は上記の「転勤の命令権がない」「深刻な家庭の事情がある」「権利の濫用がある」という場合を除くとほとんど断ることができません。

正当な理由がない状態で、転勤を断ったらどうなるのでしょうか。

出世ができなくなったり、クビのなることがある

転勤を断ると、会社は業務に支障をきたすとして、転勤を断った人にペナルティーを与えることがあります。

降格やクビがこれにあたります。

正統な理由がなく転勤を断るということは、会社命令に背いているので、降格などは一般的によくあります。

また、従業員規則で「転勤させることができる」と記載されている場合は、クビになる可能性がないとは言えません。

会社も前例を作るわけにはいかないので、従業員規則の順守には厳しくなります。

そのため、退職しなければいけないケースも出てきてしまいます。

会社にいる必要があるかを考える

転勤を断ると出世ができないとか、クビになるとかを考えている時点で、転勤に対して後ろ向きな気持ちがあるはずです。

もしそうなら、今の会社にこだわる必要はないのかもしれません。

転勤したらいつ戻ってこれるかわりません。

ですので、将来的にこの会社にいる必要があるか一度考えてみましょう。

いずれにいても、「転勤を断ってペナルティを受ける」、「転勤して自分の生活を変える」、「仕事を変えて今の生活を守る」のうちのどれかを選ばなくてはいけないのです。

転勤して家族や恋人や友人と離れるのが嫌なのであれば、仕事を変える判断も必要です。

地方転勤が辛いと感じたときに考える3つの生き方 転勤したくなかったのに地方に転勤になってしまい、毎日が辛いと感じることはないでしょうか。 転勤は、大事な人間関係を引き裂く、ある...

就職するのであれば転勤がない会社を選ぼう

転勤で悩むのであれば、初めから転勤のない会社に就職するという考え方があります。

ハローワークの求人票に「転勤無し」と書いてあるような会社を選べば、安心して仕事をすることができます。

また、事業所や子会社・グループ会社がない会社は、転勤の可能性は極めて低くなるのでおすすめです。

そのほか転勤しないでも、その場で仕事が出来るエンジニアや、プログラマーなどもおすすめになります。

転勤先でしかできない仕事ではなく、リモートワークで完了する仕事も、転勤になる可能性が低いので、選択肢に入れておきましょう。

最後に

転勤を断ると、降格やクビになる可能性があります。

もちろん正当な理由があればこの範囲ではありませんが、正当な理由がなければペナルティーがあると考えたほうが良いでしょう。

もし転勤がどうしても嫌なのであれば、仕事を変えることも視野に入れましょう。

転職して良かったことは何?後悔していることは何? 転職して良かったという人と、後悔しているという人の違いは何でしょうか。 転職に成功するためにも、この違いについては知りたいところ...