転勤

転勤と異動の違いは?栄転(出世)と左遷の見極め方

異動と転勤の意味の違いはご存じでしょうか。

辞令が出た時に使われる言葉ので、ある程度知っている人も多いと思います。

ただこの2つの言葉の正確な意味の違いをあまり知らない人もいるはずです。

そこでこの記事では、異動と転勤の意味の違い、栄転と左遷の見極め方についてご説明します。

転勤と異動の違いは?

異動と転勤は並列ではなく、異動は転勤を含む全ての配属変更のことを言います。

この2つの言葉は似ている部分がありますが、異動は転勤よりも広い意味を持っています。

異動とは

異動とは、同じ会社組織の中で、従業員の役職や地位、勤務状態、配置が変更されることを言います。

たとえば生産部門から営業部門に配置が変わったり、営業部門から企画部門に配置が変わったりする場合や、同じ部署内でも仕事内容が変わる場合は異動になります。

また、昇格や降格なども異動と捉えることができます。

転勤とは

転勤は同じ会社の中で、今とは違う場所にある部門に配属になるということです。

つまり引越しを伴う配置転換です。

たとえば、東京の本社から大阪の事業所に異動になるとか、横浜から名古屋に異動になるとかがこれにあたります。

基本的には、自宅から通えない地域への異動のことを指しますが、自宅から通勤が可能な範囲で、引越しを伴わない場合も転勤ということがあります。

>>>【転勤制度】会社と社員のメリットとデメリットは?

栄転(出世)と左遷の見極め方

栄転か左遷かは会社によって事情が異なるので、完全に見極めることは不可能です。

しかし、一般的に栄転と左遷の見極めは以下の内容から判断することが可能です。

子会社への転勤・出向

子会社への転勤や出向は、比較的栄転か左遷かを見極めやすい異動です。

子会社に出向して、本社に戻ってこられるようなら栄転、戻ってこれないようなら左遷と考えてもいいでしょう。

ただし、本社に戻れなくても出向先で昇格していき、昇り詰めることができれば左遷とは言い切れないかもしれません。

役職が変わる

転勤の際の役職の変化によっても、栄転か左遷かの判断はできます。

役職が上がって転勤先に行くようなら栄転、逆に役職が下がって異動になるなら左遷かもしれません。

しかし、出向先と本社で役職の重みが違うことがあるので、一概には判断できないところもあります。

たとえば、子会社で部長であっても、本社では課長になったり、本社では課長だったのに子会社に行ったら部長待遇になることもあるのです。

異動先の部署

異動先の部署によっては、栄転か左遷かを判断できるかもしれません。

異動先の部署にいるメンバーがどんな経歴の人かで、自分の立場が分かる可能性もあるのです。

たとえば、以前大きな不祥事などを起こした人が集まる部署に、自分が異動になった場合です。

会社は簡単に社員を解雇できないので、このような部署が存在する可能性はあります。

ただし、単なるうわさ話だったり、自分の思い違いの場合もあるので、根拠がないなら左遷などと考えずに普段通り仕事をしましょう。

注意してほしいこと

注意してほしいのは、栄転であっても左遷であっても、転勤先での結果次第で評価は変わるということです。

栄転で転勤になったからと言って、何の結果も出さずに何年も転勤先で仕事をしていると、降格になることもありますし、2度と本社に戻れないこともあります。

逆に左遷だと思っていても、結果を出し続けたことで、昇格し本社に戻れることもあります。

転勤期間が長くなると会社内で評価する人間も変わるので、栄転だからといって安心することもできないですし、左遷だからと言ってあきらめることもありません。

転勤後にどれだけやりがいを持って仕事をできるかという点が重要になります。

最後に

異動は転勤を含む全ての配属変更のことを言います。

異動の中でも特に大変なのが転勤です。

引越しを伴う転勤は自分だけではなく、家族にも大きな負担がかかるので、転勤する時にはある程度の覚悟が必要になります。

栄転での転勤ならいいのですが、そうではない場合は転勤先で精神的に辛い日々を送る可能性もあります。

ただし栄転でなくても、この先ずっと出世ができないということはありません。

自分の気持ち次第で状況は変わるので、前向きになれるようなら新しい環境を楽しんで、将来会社の中心になれるようにがんばりましょう。

>>>【孤独で鬱になることも】転勤族の妻の5つの悩み

転勤で子供にどのような影響がある?いつまで一緒についてくる? 転勤が決まった時に考えるのが、家族と一緒に転勤するか、単身赴任で転勤するかです。 とくに子供のことを考えると、どちらが良いのか悩...