退職方法

会社を辞める前にすることは?退職届はどうやって書くの?

事情があってどうしても仕事を辞めなければいけない場合、色々調べる時間が足りないこともあります。

そこでこの記事では、仕事を辞める時にどうすればいいのか、手続きなど順番についてご説明します。

今回は退職前にやっておかなければいけないこと、知らなければいけないこと、退職届の書き方についてです。

致命的なミスをしないように参考にしてください。

退職する前にすること

今の仕事を退職するとき、次の仕事が決まっていないということもよくあります。

そんな時は、何でもいいから次の仕事を慌てて探すのではなく、将来のことも見据えてステップアップができる転職をしたいものです。

退職の手続きについても、慌てて後悔しないようにしっかり後のことも考えて実行しましょう。

無くなってしまう会社員の特典

会社を辞めると、会社員としての特典が無くなります。

当たり前のようにいつも恩恵を受けている会社員の特典や、会社独自の特典が無くなってしまうので、やめる前に全て確認しましょう。

ケガや病気をした場合

健康保険に加入していると、医療費の負担は30%で済みます。

しかし、健康保険に加入していない状態だと、医療費は100%支払うことになります。

また、在職中はケガや病気で働けない場合は、健康保険から給料の3分の2が支給されますが、退職後はこれらの支給がなくなるので注意しましょう。

団体保険の解約

団体保険を全額会社が支払っていた場合だけでなく、個人で支払いをしている場合も、基本的には団体保険は解約になります。

個人で支払っている場合は継続できることもありますが、会社の所属ではなくなってしまうので保険額が増えることが考えられます。

元々、団体保険は個人で入るよりも格安なので、切り替えたとしても保険料が増える可能性があります。

財形の解約

一般財形・住宅財形・年金財形、これらすべて会社を辞めると基本的には解約になります。

ただし、転職先の会社が財形制度を導入していれば、そのまま継続することも可能です。

また転職先が財形制度を導入していない場合でも、中小企業団体を通じて継続することもできます。

在職中にできればやっておきたいこと

できるだけ在職中にやっておきたいことは次の通りです。

会社に所属しているうちに、利用できるもの利用しておきましょう。

生活習慣病予防検診の利用

年齢が35歳以上の人は生活習慣病予防検診を受けておきましょう。

生活習慣病予防検診は、在職中であれば国の補助で安く受けることができます。

全国健康保険協会の被保険者が対象になっているので、被保険者でない状態だと費用負担は大きくなります。

ただし、この事業は予算が決められており、予算の上限まで言った場合は、年度の途中でも打ち切られることがあるので注意してください。

ローンを申し込むのであれば在職中に

退職すると社会的な信用が薄くなってしまい、金融機関のローンの審査が受かりにくくなります。

退職後再就職前だと定期的に給料がもらえる状態ではないので、ローンが組めなくなってしまうのです。

もしローンを組まなければいけない状況であれば、できるだけ在職中に済ませておきましょう。

会社に返すものと・会社から受け取るもの

退職するときは、必ず会社のものはすべて返却しましょう。

トラブルがないように自分の頭の中以外のものは、会社に置いていくようにしてください。

また、失業中の給付を受けるのに必要な書類もあるので、会社から受け取るものもしっかり確認しておきましょう。

会社に返すもの

  • 保険証
  • パソコンなどの記録媒体
  • 制服・社章
  • 前払い分の交通費
  • 名刺
  • 資料等

このほかにも個人で借りているものがあれば、退職前に必ず会社に返すようにしてください。

会社から受け取るもの

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 源泉徴収票
  3. 厚生年金基金加入員証
  4. 年金手帳
  5. 雇用保険被保険者離職票

①の雇用保険被保険者証はハローワークでの求職の申し込みと、転職先での提出のために必要になります。

基本的には入社時に受け取り本人が保管していますが、会社が保管している場合もあります。

③厚生年金基金加入員証は、将来的に加入を継続する場合は自分で保管し、脱退一時金等を受け取る場合は自分で手続きするのに必要になります。

⑤雇用保険被保険者離職票は失業等給付を受けるのに必要な書類です。

会社から受け取るのに時間がかかる書類で、退職後2週間くらいかかる可能性があります。

そのため退職するときに、いつ受け取るれか会社に確認してください。

また、雇用保険被保険者離職票の離職理由が正しくない場合は異議を申し立てましょう。

離職理由によって給付金が支払われる時期が変わってきます。

退職届の書き方

退職届の一般的な記入例は次のようになります。

退職届は縦書きでも横書きでもどちらでも構いません。

黒のサインペンまたはボールペンなどで記入し、封筒に入れて提出します。

封筒には「退職届」と書き、裏に自分が所属している部署と氏名を書きます。

提出は上司に渡すのが一般的です。

>>>転勤で退職するときの切り出し方・伝え方は?

最後に

退職する前にやることは結構たくさんあるので覚えておきましょう。

また、周りの人に迷惑が掛からないよう引継ぎなどはしっかり行ってください。

辞め方が悪いと、転職先の採用にも影響が出るので注意しましょう。

時間のない中で、準備しなければいけないことがたくさんあり大変ですが、後から後悔が無いようしっかり行いましょう。

失業保険の申告・手続きの方法は?自己退職の場合 失業保険の手続きがわからず困っていませんか? 求職中に失業保険がもらえないと、生活費もなくなるので困ってしまいますよね。 ...